安倍元首相の国葬、国内は案内状送付6000人のうち3600人から参列意向

安倍元首相の国葬、国内は案内状送付6000人のうち3600人から参列意向

安倍晋三元首相

 松野官房長官は22日の記者会見で、東京・日本武道館で27日に行う安倍晋三・元首相の国葬(国葬儀)について、参列者数が約4300人に上るとの見通しを明らかにした。

 発表によると、国内は現職の国会議員や元議員、地方自治体関係者ら約6000人に案内状を送付し、約3600人から参列する意向が示された。

 海外からは、218の国・地域などから約700人が参列し、このうち現職の首脳級は35人としている。

 先進7か国(G7)の首脳級では、米国のハリス副大統領、カナダのトルドー首相が参列する。豪州からはアンソニー・アルバニージー首相、インドはナレンドラ・モディ首相、中国は全国政治協商会議の万鋼副主席が参列する。

 会場では、新型コロナウイルスの感染防止策として、全ての参列者にマスクの着用を求める。

関連記事(外部サイト)