北が核実験実施なら「国際社会は力強く、毅然と対応」…日米韓外相が共同声明

北が核実験実施なら「国際社会は力強く、毅然と対応」…日米韓外相が共同声明

米国のブリンケン国務長官(左)、韓国の朴振外相(右)との会談に臨む林外相(22日、米ニューヨークで)=外務省提供

 【ニューヨーク=阿部真司、溝田拓士】林外相は22日午後(日本時間23日未明)、米国のブリンケン国務長官、韓国の朴(パク)振(チン)外相との3か国外相会談を米ニューヨークで開いた。3か国は共同声明を発表し、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮を非難した。日米、米韓同盟の抑止力を高め、3か国の安全保障協力を推進していくことで一致した。

 共同声明で、北朝鮮が7回目の核実験を実施した場合、「国際社会は力強く毅然(きぜん)とした対応を行う」とけん制。北朝鮮が核の先制使用を事実上可能にする法令を採択したことに対し、深刻な懸念を表明した。

 林氏は会談後、記者団に「北朝鮮の完全な非核化に向けた今後の対応についてすり合わせた」と述べた。朴氏は記者団に「経済安全保障の面でも変化が起きているため、韓米日で協力を更に強化していく」と強調した。

関連記事(外部サイト)