維新・松井氏「第3極の結集」地域政党と連携強化

維新・松井氏「第3極の結集」地域政党と連携強化

記者会見の冒頭で握手を交わす(左から)元神奈川県知事の松沢成文参院議員、日本維新の会の松井代表、あたらしい党の音喜多代表、元那珂市長の海野氏(11日午後、大阪市中央区で)=大石健登撮影

 日本維新の会の松井代表(大阪市長)は11日、元神奈川県知事の松沢成文参院議員、地域政党・減税日本代表の河村たかし名古屋市長らとともに大阪市内で記者会見し、夏の参院選に向けて、地域政党や首長経験者らとの連携を強化していく考えを表明した。関西以外での党勢拡大を目指す狙いがある。

 会見では、松沢氏が参院選神奈川選挙区(改選定数4)から、減税日本系の候補者2人が愛知選挙区(同)と比例から維新公認で出馬することが発表された。

 松井氏は会見で、「住民の身近で政治をやってきた人たちの力を結集して、永田町を変えていきたい」と「地方からの改革」に意欲を示した。

 松沢氏は「第3極の結集ではあるが、政権を取れるまで活動を大きくしていきたい」と述べた。松沢氏はすでに自らが代表を務めた希望の党を離党した。

 河村氏は公務のため、電話で会見に参加し、「皆さんと一緒にやるのでお願いします」と語った。