老後2000万問題、菅氏「年金こそ生活の柱」

 菅官房長官は12日の記者会見で、老後に年金収入以外に2000万円の資金が必要とした金融審議会の報告書に関し、「公的年金は将来にわたり持続可能な制度を構築しており、年金こそが老後の生活設計の柱だ」と述べ、国民の不安払拭ふっしょくに努める考えを強調した。

 その上で、「議論の過程の段階のものであり、政府として正式な報告書としては受け取らない」との立場を重ねて示した。