下村氏「改憲で大連立」、公明・山口代表が批判

 公明党の山口代表は12日のインターネット番組で、自民党の下村博文憲法改正推進本部長が改憲に向けた野党との「大連立」に言及したことについて、「連立(を組むこと)は非常に重い責任を伴う。大連立と軽々しく言うのはいかがなものか」と批判した。

 山口氏は「大連立というのは下村氏の個人的な意見だろう。自民党の幹部からは一つも聞いたことはない」とも述べた。