与野党幹事長ら、「桜を見る会」で論戦…NHK番組

桜を見る会 TVで与野党論戦

 与野党の幹事長らは1日のNHK番組で、安倍首相主催の「桜を見る会」の問題などを巡って論戦を交わした。

 自民党の稲田朋美幹事長代行は招待者名簿の保存期間について「公費を使ったイベントでもあるので見直すべきではないか」と述べ、現在の「1年未満」からの延長を求めた。公明党の斉藤幹事長も「政権が長いがゆえの緩みやおごりがあってはならない」と述べた。

 立憲民主党の福山幹事長は「首相が国会に出てきて説明責任を果たすべきだ」と述べ、予算委員会での集中審議の開催を求めた。国民民主党の平野幹事長も「会期内にしっかり説明してほしい」と同調した。共産党の小池書記局長は「(予算委に)出てこられないなら首相を辞めていただくしかない」と批判した。

 日本維新の会の馬場幹事長は「与党はスキャンダルへの説明責任を果たしていない。我が党を除く野党はスキャンダルを次から次へと見つけてはしゃいでいると、国民は受け止めていると思う」と述べ、与野党双方に反省を求めた。