安倍首相、総裁連続4選は「頭の片隅にもない」…NHK番組で

 安倍首相は12日放送のNHK番組で、自民党総裁選での連続4選や総裁任期延長の可能性について「本当に考えていない。頭の片隅にもない」と述べ、改めて否定した。

 首相の総裁任期は2021年9月まで。首相は「(任期が)まだ1年9か月ある。この間に私自身、燃焼し尽くす決意で臨んでいきたい」と強調した。憲法改正を「私自身の手で成し遂げたいという思いに全く揺らぎはない」と語り、任期中の実現に強い意欲を示した。

 憲法改正の是非を大義とする衆院解散・総選挙に関して問われると、「解散すべき時が来たと思えば、躊躇(ちゅうちょ)はないが、現在のところは全く考えていない」と述べた。首相の発言は10日に収録された。

 公明党の山口代表は同番組で、衆院解散の時期について「東京五輪・パラリンピックが終わるまでは政治日程が立て込んでいて難しい。11月の米大統領選も見極める必要がある」との見方を示した。憲法改正に対する国民の関心は「必ずしも高くない」とし、首相との立場の違いをにじませた。

関連記事(外部サイト)