文科省が徹底回避求める「同時に重なる3条件」…学校再開への指針通知

文科省が徹底回避求める「同時に重なる3条件」…学校再開への指針通知

文科省 学校再開の指針通知

文科省が徹底回避求める「同時に重なる3条件」…学校再開への指針通知

閣議を終え、記者団の質問に答える萩生田文科相(24日午前、国会で)=源幸正倫撮影

 文部科学省は24日午前、政府の一斉休校要請に応じた全国の小中高校などを原則的に新学期から再開するにあたり、新型コロナウイルスの感染防止で留意すべき指針を作成し、全国の教育委員会などに通知した。学校関係者向けの10項目にわたるチェックリストも公表した。

 学校再開の指針は〈1〉換気の悪い密閉空間〈2〉人の密集〈3〉近距離での会話や発声――の3条件が同時に重なる場の徹底的な回避を求めた。具体的な取り組みとして、▽毎朝の検温と風邪症状の確認▽マスク着用▽教室のこまめな換気――などを例示した。

 入学式や始業式、部活動でも3条件が重ならないよう求める。給食時に机を向かい合わせにすると飛沫(ひまつ)を正面から浴びてしまう恐れがあり、避けるべきだとした。一斉休校に伴う学習の遅れを取り戻すため、補習や家庭学習を適切に行うことも要請した。文科省は、これらの指針に沿った10項目のチェックリストを、各校の再開時に活用してほしいとしている。

関連記事(外部サイト)