欧州18か国とイランも入国拒否へ…政府方針

 政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、欧州18か国とイランの全土を入国拒否する地域に加える方針を固めた。過去2週間以内に滞在歴がある外国人を対象とする。近く新型コロナウイルス感染症対策本部で決定する見通しだ。

 18か国は、ドイツ、フランス、イタリア、スイス、スペイン、アンドラ、エストニア、オーストリア、オランダ、スロベニア、デンマーク、ノルウェー、バチカン、ベルギー、マルタ、モナコ、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク。

 外務省は23日夜、イランを含めた19か国の感染症危険情報をレベル3の「渡航中止勧告」に引き上げていた。

関連記事(外部サイト)