河井案里氏「議員活動はしっかりと続けていきたい」…世耕氏に辞職否定

 自民党の河井案里参院議員は25日、自身の秘書ら2人が公職選挙法違反(買収)で起訴されたことを受け、国会内で同党の世耕弘成参院幹事長と会談した。世耕氏によると、河井氏は会談の中で、自身の議員辞職を否定した。

 河井氏は世耕氏に対し「議員活動はしっかりと続けていきたい。裁判で決定が出たら、決定には従いたい」と述べたという。「選挙活動に専念していたので、(秘書らが)どういうことをやっていたのか知るよしもない」とも語り、自身の関与は否定した。

 これに関連し、立憲民主など野党4党は25日の国会対策委員長会談で、河井氏と夫の河井克行・前法相に対し、衆参両院の政治倫理審査会で説明責任を果たすよう求めていく方針を確認した。

関連記事(外部サイト)