G20首脳、初の緊急テレビ会議…新型コロナ対応を協議

G20首脳、初の緊急テレビ会議…新型コロナ対応を協議

26日、パリでG20首脳とのテレビ会議に参加するフランスのマクロン大統領(右)=AP

 主要20か国・地域(G20)首脳は26日夜、新型コロナウイルス感染症への対応を協議するため、緊急のテレビ会議を開いた。G20首脳によるテレビ会議は初めて。会議終了後、「共通の脅威に対して共同戦線を張る」とする首脳声明を発表した。

 安倍首相はウイルスの感染拡大による世界経済の落ち込みを防ぐため、「(2008年の)リーマン・ショックと同様にG20が底力を示す時で、強大な経済財政政策を実施すべきだ」と訴え、各国の首脳も合意した。首相は治療薬の開発の加速も呼びかけ、各国が協力することで一致した。

 首相は20年東京五輪・パラリンピックを1年程度延期することを説明したうえで、「人類が新型コロナウイルスに打ち勝った証しとして、完全な形で実施する」と述べ、各国首脳の理解と支持を得た。首脳声明にも「日本の決意を称賛する」との文言が盛り込まれた。

関連記事(外部サイト)