けじめついたら辞職も一つのあり方…首相の「責任は私に」発言で石破氏

 自民党の石破茂・元幹事長は23日のテレビ西日本の番組で、東京高検の黒川弘務・検事長の辞職に関し、安倍首相が「責任は私にある」と発言したことについて、「けじめがついたら、職を辞すというのも一つのあり方だ」と述べた。

 石破氏は「ただ、普通の閣僚と首相は違う」とも指摘し、「責任を痛感しているということが、本当に国民の心に響くことが大事ではないか」と強調した。

関連記事(外部サイト)