お盆の帰省、菅官房長官「一律に控えてではない」と強調…西村再生相の「慎重」発言に

 菅官房長官は3日の記者会見で、西村経済再生相が新型コロナウイルスの感染拡大で、お盆期間中の帰省を慎重に検討するよう国民に呼びかけたことについて、「県をまたぐ移動を一律に控えてくださいと言っているわけではない」と強調した。

 政府は、感染拡大防止と社会経済活動の両立を図り、観光支援などにも取り組む方針を維持している。

 安倍首相は同日の政府・与党連絡会議で、「感染者が増加しているが、入院している重症者は全国で80人台、東京では20人程度の水準で、一進一退の状況だ」と指摘。「高齢者や基礎疾患のある人への感染拡大の防止に万全を期していく」と政府の取り組みに理解を求めた。

 一方、西村氏は3日の記者会見で「家族で(帰省して)おじいちゃん、おばあちゃんと会う、あるいは一緒に観光地に行くとなると(高齢者への)感染リスクがある」と述べ、改めて慎重な対応を求めた。近く開催する政府の分科会で、帰省の際の注意点などを専門家に議論してもらう考えだ。

 これに対し、公明党の山口代表は政府・与党連絡会議の席上、「感染拡大が地方にも波及し、歯止めがかからない状況に国民の不安が日増しに高まっている」と語り、国民への分かりやすい説明を政府に求めた。

関連記事(外部サイト)