菅首相「病床増の先頭に立って」と4都県知事に要望…医療体制など協議

 菅首相は12日、新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言の対象となっている東京など首都圏4都県の知事と首相官邸で会談し、医療提供体制などについて協議した。

 首相は小池百合子都知事ら4都県の知事に対し、新型コロナの患者を受け入れる病床を増やすため、「医療機関への働きかけなどを先頭に立って行ってもらいたい」と要望した。

 同席した西村経済再生相は、飲食店などへの営業時間短縮の要請に実効性を持たせるため、繁華街での見回りや呼びかけなどを実施するよう知事に要請した。住民の外出自粛の徹底なども求めた。

 首相と4知事は、迅速に情報共有を行い、対策を検討していくために連絡会議を設ける方針で一致した。

関連記事(外部サイト)