日本の給付金の振込みがアメリカより遅いのはなぜか

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月16日放送)に経済アナリストのジョセフ・クラフトが出演。自民・公明両党が新型コロナウイルスの感染拡大で困窮する子育て世帯に「臨時特別給付金」を配ることを菅総理に提言したというニュースについて解説した。

2021年3月12日、挨拶する菅総理〜出典:首相官邸ホームページ(https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/actions/202103/12sei_yoto.html)

低所得の子育て世帯に「臨時特別給付金」

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けている所得の少ない子育て世帯を支援する必要があるとして、自民党と公明党は、3度目の「臨時特別給付金」の支給を菅総理大臣に提言した。

飯田)非正規労働者や子育て世帯らへの支援パッケージとして、きょう(3月16日)にも菅総理が発表する見通しです。昨日(15日)、与党の政策担当が相次いで総理のもとを訪れて文書の提出、施行を行っていました。経済対策はかなり傷んでいるところは傷んでいますからね。

クラフト)この問題は深刻です。特にコロナ禍でのシングルマザーなどの女性への被害が大変大きなものになっています。この対策はやっていいのですが、遅過ぎるし少な過ぎる。もっと重点的にやっていただきたい。各メディアも東北新社やNTT問題ばかり取り上げますが、この問題の方がはるかに深刻であると思うので、もっと取り上げて積極的に支援をしていただきたいと思います。

【新型コロナ・特別定額給付金申請開始区役所混雑】特別定額給付金のオンライン申請が始まり、マイナンバーカードの取得手続きなどで混雑する浪速区役所の証明発行窓口=2020年5月11日午後、大阪市浪速区 写真提供:産経新聞社

コロナ禍で上昇する女性の自殺率〜孤立し、相談できず

飯田)いままでもギリギリのところで生活していた方が、コロナで解雇はされなくてもシフトが減っていて、かなりクリティカルになりますよね。

クラフト)失業から来る生活難、また給与の減少は重要な問題ですが、コロナでもう1つ深刻なのは「孤独・孤立」ということです。孤立してしまって孤独になることで、悩み、相談できずに、女性の自殺率が上がっています。これは深刻な問題で、経済面でのケアはもちろん必要ですが、精神面でのケアも経済面と同様に重要です。ここの支援をどこまで政府が補充できるかが重要だと思います。

飯田)飲食店をやっていらっしゃる方に話を聞くと、「おいしいね」とお客さんが喜んでくれるその顔が励みになってやっていたのに、給付金は貰えるかも知れないけれど、お客さんに会えないというのはつらいと言っていました。

クラフト)ホテル業界もこれだけ空室があるのならば、そこに住宅で困っている方を入れてもいいと思うし、食料を貧困家庭に提供するなど、いろいろな面でサポートが必要だなと痛感します。

飯田)社会福祉の面、アメリカの場合は補足的栄養支援プログラムなど、直接的に飲食を支援しています。日本の場合はそこまでは行っていないのですよね。

クラフト)アメリカの1.9兆ドルの経済対策のなかには、食糧支援が大きく盛り込まれています。各市、各地域でフードバンクのようなところがあって、そこに行けば食料がもらえる、または料理を提供してもらえるのです。NPO団体の支援を拡充して、日本でもより生活支援をして欲しいと思います。

飯田)先ほどありましたホテルの空室を使うというもの。確かに生活保護などでは、基本的にお金を渡すということはありますが、住むところにいま困っている人がすぐ入れないというのは問題です。

ハローワークプラザ静岡の職業相談コーナー。静岡県内も新型コロナウイルス感染拡大に伴う休業要請などで、雇用情勢は悪化している=2020年6月15日、静岡市葵区 写真提供:産経新聞社

アメリカでは社会保障番号が普及していて給付金などの配布が早い〜マイナンバーカードの普及しない日本

クラフト)日本は、これほどの先進国なのに、なぜだろうと不思議に思います。お金を配るのはいいのですが、配るのが遅い。行政があの体たらくなアメリカでさえ、すぐに配れるのに、日本はきちんとやりたいのか非常に遅いです。配るのが遅い、お金が入って来るのが遅い、生活難が余計に助長されてしまう。そういう行政をもう少し効率化しないといけないと思います。

飯田)アメリカの場合は社会保障番号が振られていて、所得がある一定程度把握されているから、すぐに配れるというのはありますでしょうか?

クラフト)ありますね。いわゆる国民ナンバーに対する拒否感や違和感はアメリカでは少ないのですが、日本ではマイナンバーがなかなか普及しない。これはメリットが少ないために申し込むインセンティブを高められないからです。政府はいろいろ考えてはいるのですが、普及率を上げないと、こういうことが続くと思います。

飯田)一方でQRコードはここまで爆発的に普及したし、ICカードでの決済なども普及して来ています。やろうと思えば一気に普及することもできるような気もします。

クラフト)デジタル庁を設置してそういうところが改善されて行けばいいのですが、いまのところの対応はね……。マイナンバーカードは、実際に「カードを支給したい」と言っていますけれど、いまの時代であれば、スマートフォンにマイナンバーが落ちてアプリでアクセスできるようにすればいい話ですし、いろいろ不備がありますよね。新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)も機能していません。そういったところが政府のデジタル化も含めて改善されて行けばいいなと思います。

関連記事(外部サイト)