日本のワクチン接種が遅れた理由 河野太郎大臣が語る

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(4月23日放送)に新型コロナウイルス感染症ワクチン接種担当でもある河野太郎大臣が出演。ワクチン接種の現状について訊いた。

【高齢者ワクチン接種・天理市】高齢者の新型コロナワクチン接種が開始された=2021年4月12日午後、奈良県天理市 写真提供:産経新聞社

4月26日の週には全自治体に1箱ずつワクチンが届く〜ゴールデンウィーク明けからフルスピードで接種を行う

同番組では『一都三県知事・河野大臣も登場!新型コロナ変異株から国民を守れ!Cozy専門家会議』と題して放送中で、5日目のこの日は、河野大臣が出演。ワクチン接種の現状、また今後について訊いた。

飯田)今月に入って、高齢者向けの新型コロナウイルスワクチン接種も始まりました。この進み具合等々、大臣はどうご覧になっていますか?

河野)5月の連休明けからは、毎週1000万回分のワクチンが日本に届きます。それがしっかり打てるように、4月はそれぞれの自治体でシステムをセットする、または、ファイザーのワクチンを解凍して希釈するという手順がしっかりできているか。1人あたりの予診にどれくらい時間がかかるか。そういうものを確認しながら、準備を整えていただく。それがこの4月だと思っています。4月26日の週には、すべての自治体に1箱ずつワクチンが届きます。すべての自治体がそれを使って準備を完了させていただいて、ゴールデンウィーク明けからフルスピードで打っていただけたらと思っております。

日本のワクチン接種が世界に比べて遅れた理由

飯田)一部には、「諸外国に比べると遅いではないか」という批判もありますが、大臣はどうですか。このスピード感についてはどうご覧になっていますか?

河野)ファイザーのワクチンの治験が始まったのが去年(2020年)の7月なのですが、そのころはもう日本の感染者数は欧米と比べて2桁少なかったのです。だから、日本で治験をやっても、治験の結果が出るまでに時間がかかるということで、日本は対象から外されました。ただ、ファイザーのワクチンを日本でも打とうと思っていましたので、日本人に打って安全かどうかという、安全性の確認の治験を10月に3ヵ月遅れでスタートしてもらいました。アメリカでファイザーを打ち始めたのが12月、日本でファイザーが始まったのが2月ですから、3ヵ月遅れを2ヵ月遅れで取り戻したのですが、ファイザーのワクチンの需要が非常に多くて、ファイザーもヨーロッパの工場でつくりきれないということで、1度工場を止めて、製造ラインを増設しました。私がワクチン接種担当大臣を拝命した1月〜2月はなかなかワクチンがつくれないので、日本にも入って来なかったのですが、増設した製造ラインが立ち上がり、4月後半〜6月には、もう必要なだけ入って来るという状況になりました。接種体制をそれぞれの自治体で整えて、どんどん打って行きたいと思っています。

河野太郎行政改革担当大臣

現在はアストラゼネカやモデルナ製のワクチンが必要ではない

飯田)一方で、ファイザーのみならず、アストラゼネカやモデルナというところとも、我が国は契約をしていると報じられていますけれど、こちらは承認に時間がかかっているという報道もありますが。

河野)両社にも承認申請は出しています。いつごろ承認になるのかということは、まだよくわかりませんが、自治体がお願いできるお医者さんや、看護師さんの数には限度があります。いま、自治体はお願いできる先にはすべてお願いをして、このファイザーのワクチンで高齢者接種を始めていますので、特にどちらかがなければ困るという状況ではありません。まず、高齢者はファイザーのワクチンをしっかり打っていただくということだと思います。

ワクチンを打つ医療者の数〜体制が組めなくて困っている自治体はほとんどない

飯田)このお医者さんの数は、いま高齢者にワクチンを打つにあたっては「足りる」と目処がついているということでよろしいですか?

河野)お医者さんが1人でも多く打ってくれれば、その分早く打てますから、自治体に「足りていますか」と言えば、「もっと欲しいです」とみんな言います。それは際限がありませんが、いま本当に体制が組めなくて困っているという自治体はほとんどないと思っています。

日本全国ワクチンを供給できる体制は整った

飯田)そして、その輸送方法もディープフリーザーという、特殊な冷凍庫の使用が報道されていますが、ここの部分は整っているということでいいですか?

河野)日本全国、しっかり配送ができるようになっています。鹿児島県の十島村のような離島は、フェリーに冷凍庫を積んで島を順番にめぐりながら、お医者さんと看護師さんで打って行くというオペレーションをやることになっていますので、日本全国ワクチンを供給できる体制はつくれたと思います。

関連記事(外部サイト)

×