池袋暴走で判決 飯塚被告に「あなたの過失は明白」と裁判長 禁固5年

東京・池袋で2019年、乗用車が暴走し親子が死亡したほか9人が重軽傷を負った事故で、自動車運転処罰法違反の罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三被告(90)に対し、東京地裁は今日9月2日午後、禁錮5年の実刑判決を言い渡した。求刑は禁錮7年だった。

池袋暴走事故の判決で、東京地裁に入る飯塚幸三被告=2021年9月2日午後1時 写真提供:共同通信社

池袋暴走事故の判決で、東京地裁に入る飯塚幸三被告=2021年9月2日午後1時 写真提供:共同通信社

—取材したニッポン放送藤原高峰記者がレポートする。

飯塚被告はダークグレーのスーツに白いマスク姿で弁護人に車いすを押してもらいながら出廷し証言台に向かいました。そして裁判長が禁固5年の判決を言い渡すと飯塚被告は下を向いてまったく動きませんでした。一方妻の真菜さん(当時31歳)さんと娘の莉子ちゃん(当時3歳)を亡くした松永拓也さん(35)はこの判決を目をつぶって聞いていました。判決理由について裁判長は、被告人が本件事故に真摯に向き合い自分の過失に対する深い反省の念を有しているとは言えないと指摘。一方で被告人が現在90歳と高齢であり体調も万全ではないことが認められるなどとして、禁固5年の実刑判決を言い渡しました。

そして最後に裁判長は、飯塚被告に対し「あなたの過失は明白。まずは遺族の方々に真摯に謝っていただきたい」などと語り、飯塚被告は裁判長に軽く一礼をして退廷しました。

判決後に記者会見した遺族の松永拓也さんは今の心境などを次のように語りました。

「まず客観的に、この判決として認められたことは被告人も受け止めてほしい。これで命が戻ってくるならどんなにいいことかなって思ったら、ちょっと虚しさが出てきてしまったんですけれども、ただやはりこの判決は、私たちが遺族がこの先前を向いて、少しでも前を向いて生きていけるきっかけには、やはりなり得るなと。被害者参加制度を使って参加して本当に良かったと思います」

関連記事(外部サイト)