専門家からは効果について疑問視する声も 〜岸田総理が石油備蓄放出を表明

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(11月25日放送)に二松学舎大学国際政治経済学部専任講師の合六強が出演。岸田総理が11月24日に表明した国家備蓄石油の一部売却について解説した。

志布志国家石油備蓄基地 備蓄タンク群と防油堤(鹿児島県肝属郡串良町) 撮影日:2011年10月25日 写真提供:時事通信社

岸田総理、石油備蓄放出を表明

—–

ガソリン価格が高騰 経産省、価格高騰対策で170円超で石油元売り業者に5円軽減案=2021年11月17日午後、東京都内 写真提供:産経新聞社

今後のヨーロッパのエネルギー事情に重要な影響を与える「ノルドストリーム2」

飯田)かつてもいろいろな局面で、「パイプラインをしめるぞ」ということを脅しとして使う場合がありましたが、あのやり方は効くわけですか?

合六)かつて、ウクライナとの間ではガス紛争がありました。ガスパイプラインがロシアからウクライナを通過してヨーロッパ方面に流れることで、ウクライナにも通過料収入があったのですが、最近、ドイツとロシアを結ぶ「ノルドストリーム2」というパイプラインが話題になっています。

飯田)ノルドストリーム2。

合六)これはウクライナを通る既存ルートを回避するもので、ウクライナも反対していますし、ロシアの行動に警戒感を抱いているポーランドなども同じく反対しています。アメリカも反対して来たのですが、ほぼ完成しているという状況で、事実上、バイデン政権になって完成を認めてしまったのです。実際、完工していて、ドイツ側の当局者が承認手続きを一時停止しているというニュースも出ていますので、ロシアがどう動き出すかというところは、ヨーロッパのエネルギー事情を考える上で、重要になって来るのではないかと思います。

飯田)つながってしまうと、中欧の諸国からすれば、ある意味でカードがなくなってしまうということですか?

合六)アメリカもその点を気にしていて、ドイツにプレッシャーを掛けていたのですが、事実上、完成を認めている。その上で、もしロシアが政治的な目的でエネルギーを使うということであれば、「米独が協調する形で断固たる姿勢を示す」という声明は出していますが、具体的にどうやるのかという方法については、その状況になってみないとわからない部分があります。ウクライナやポーランドなどの国々は、懸念を持ち続けているのだろうと思います。

ノルドストリーム2によるロシアとドイツ、ヨーロッパの今後の関係

飯田)ドイツにとって安定供給という意味ではいいのでしょうが、逆に言うと、ロシアに首根っこを掴まれてしまうことにもなりかねませんか?

合六)経済の相互依存関係というのは、関係性がいい場合はWin-Winでいいのですが、首根っこを掴まれるというところで弱みを握られているとも解釈できるわけです。また、逆を考えれば、ロシアの方もドイツ、ヨーロッパという市場に依存しているので、今度はヨーロッパ側がそれをテコにできるのかどうかが注目されるところです。

関連記事(外部サイト)