実は受賞経験者! 流行を作り出した男・辛坊治郎が振り返る歴代「新語・流行語大賞」

キャスターの辛坊治郎氏が12月1日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。この日発表された「2021ユーキャン新語・流行語大賞」の歴代の受賞ワードについて振り返った。

「ユーキャン新語・流行語大賞」が発表され、大谷翔平選手の「リアル二刀流/ショータイム」が年間大賞に選ばれた=2021年12月1日午後、東京都千代田区 写真提供:共同通信社

「ユーキャン新語・流行語大賞」が発表され、大谷翔平選手の「リアル二刀流/ショータイム」が年間大賞に選ばれた=2021年12月1日午後、東京都千代田区 写真提供:共同通信社

1984年からユーキャンが発表している新語・流行語大賞の今年の大賞が12月1日に発表された。大賞には、「リアル二刀流/ショータイム」が選ばれた。

辛坊)新語・流行語大賞、毎年この季節が来る度に目の前に過去の“一覧”が突きつけられるわけですよ。1984年に「まるきん まるび」で始まったな、とか。85年に「イッキ!イッキ!」、85年はバブルの初めの頃だ、まあそういうことを言っていたんだなと。そして86年「新人類」。

「ユーキャン新語・流行語大賞」のトップテンに選ばれたIOCのバッハ会長をやゆした「ぼったくり男爵」 撮影:2021年12月1日午後、東京都千代田区 写真提供:共同通信社

「ユーキャン新語・流行語大賞」のトップテンに選ばれたIOCのバッハ会長をやゆした「ぼったくり男爵」 撮影:2021年12月1日午後、東京都千代田区 写真提供:共同通信社

辛坊)で、問題は87年の「懲りない○○」ですよ。これ覚えてますか?

増山)「懲りない○○」?

辛坊)『塀の中の懲りない面々』という阿部譲二さんの小説が爆発的に売れたんですよ。

増山)ああ! はいはい。

辛坊)この時の“大賞”が「懲りない○○」で、当時は“金賞”“銀賞”があったんですが、金賞が「ゴクミ」だったんですよ。

増山)あ〜、そのころですか、後藤久美子さん。

辛坊)それで銀賞が、私だったんでございます。

増山)そうか、この年ですか! 辛坊さんのね。

辛坊)この年なんです。ああ〜、1987年かと思ってね。

増山)なんだっけ、辛坊さんの……

辛坊)いいですよもう……毎年このタイミングになると……もう、思い出さなくて結構です!

増山)「なんぎやなぁ」、そうだ「なんぎやなぁ」だ。

辛坊)もう私のことはLeave me alone! ほっといてください!

増山)凄いですね、流行を作り出した男ですよ。

辛坊)いやいやそれがねぇ……う〜ん。

辛坊治郎

辛坊治郎

辛坊)まあこうして見るといろんなことがありましたね。92年「金さん銀さん」だよ。94年「同情するならカネをくれ」。安達祐実だよね。

増山)そうですそうです。

辛坊)安達祐実ちゃんも当時はちっちゃかったよねえ。

増山)当時はね。今もご活躍ですけど。2007年「どげんかせんといかん」とかね。

辛坊)97年「失楽園」か。あったな〜。

関連記事(外部サイト)