再び動き始めた小池都知事 〜岸田総理に新型コロナワクチン接種の前倒しを要望

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(12月9日放送)にジャーナリストの鈴木哲夫が出演。小池都知事が「同性パートナーシップ制度」を令和4年度内に導入することを示したというニュースについて解説した。

ブルーリボンバッジを着用し東京都議会の定例会に出席した小池百合子都知事=2021年12月7日午後、都庁 写真提供:産経新聞社

東京都が「同性パートナーシップ制度」導入へ

東京都の小池百合子知事は12月7日、LGBTなど性的少数者のカップルを公的に認める「同性パートナーシップ制度」を令和4年度内に導入する考えを、開会中の都議会本会議で明らかにした。

飯田)都議会の本会議が開かれていますが、12月7日に明らかにしたということです。こうした制度も、国より先取りでやって行くという感じですか?

鈴木)この件については、小池都知事は以前から触れていたので、それをいよいよ具体化させる段階なのでしょうが、何となく「小池百合子が動き出したな」という感じがしませんか?

飯田)一時期は休んでいたし、重病説も出ていましたが。

鈴木)あの記事には怒っていたようです。復帰して来たときの「皆さんどうなさったの?」という言葉。「出た!」と思いませんでしたか?

飯田)第一声でジャブを浴びせて来るという。

鈴木)パートナーシップ制度についても「やるぞ」という感じなのだけれど、既に小池流というか、政府に喧嘩を売っているところがあったのです。11月29日に岸田総理のところに行ったでしょう。このときニュースになったのは、「オミクロン株が出て来たから水際対策をやってくれ」ということでした。

飯田)それがニュースのメインでした。

「ワクチンを前倒しで打てるように」と東京都独自のデータを持って訴えた

鈴木)その次くらいに取り上げられていたのは、「ワクチンを前倒しで打てるようにしてくれ」ということだったのです。ただの要望ではなく、東京都が独自に調べた、2回ワクチンを打った人がどのくらい時間が経つと抗体が……。

飯田)ある意味で減ってしまうかどうか。

鈴木)それを東京都で独自に調べているのです。独自に調べたデータを持って、「7ヵ月経ったらこんなに減っていますよ。だから8ヵ月では遅いのです。7ヵ月で打てるようにしてください」と。

飯田)そうですか。

鈴木)私はその場にいなかったけれど、勝手な私のイメージでは、岸田さんはそれを言われて、「アワアワアワ」となって行った。

飯田)イメージでは。

鈴木)関係者に聞いてみると、なかなか在庫確保の見通しが立たないから、国としては「8ヵ月」と言って防御していた部分がある。そこへ、小池さんが「全国の自治体が早くと言っているでしょう。独自の調査もあるから」と迫った。「小池さんのペースでやり始めたな」ということを、強く感じました。

飯田)小池さん本来のペースで。

鈴木)ただ、一方で、今回の休みが約4週間と長かったでしょう。本当に体調はどうなのかと。「過労」と言っていたけれど、もう少し詳しい説明があれば、よりよかったと思います。そういうことも含みながら、小池さんらしい動きが出て来たのではないでしょうか。

関連記事(外部サイト)