国民民主党・玉木雄一郎代表「中国政府の人権侵害の非難は、今国会で決議採択させる」

国民民主党・玉木雄一郎代表が12月16日、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に生出演。10万円分給付、中国への対峙について、政府への要望を語った。

国民民主党・玉木雄一郎代表

特別企画「目指せV字回復 激論!Cozyサミット」開催中 ニッポン放送 『飯田浩司のOK! Cozy up!』(月〜金曜日 6〜8時 生放送)

番組パーソナリティの飯田浩司アナウンサーが玉井代表の出演時間の冒頭で、前夜に行われた小池百合子東京都知事との会談について質問すると「元気そうでしたよ」と冗談でかわしつつも、今後も来年の参院選へ向け政策本位で意見交換していく考えを述べた。

さらに、政府の意見が二転三転している10万円給付問題について考えを問われると、「最も使い勝手のいいクーポン券は日本銀行券だ」と答え、シンプルに配る重要性を改めて強調した。

最後に北京オリンピックへの「外交ボイコット」について話題を向けられるといち早い対応の必要性を訴えるとともに、今国会での、中国政府の人権侵害を非難する決議採択を求めていくことを約束した。

関連記事(外部サイト)