尾身会長のオミクロン株への警戒呼び掛けの「意味と役割」 〜「感染を抑えつつ、経済も回す」バランスが重要

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(12月24日放送)に元内閣官房副長官・慶應義塾大学教授の松井孝治が出演。新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長がオミクロン株感染拡大の警戒を呼び掛けた記者会見について解説した。

記者会見でオミクロン株に関する見解を述べた、新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長=写真提供:共同通信社

オミクロン株、分科会の尾身会長が警戒を呼び掛け

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長が12月23日、記者会見を行った。

—–

変異株「オミクロン株」=2021(令和3)年12月11日、ボスニア・ヘルツェゴビナ(ロイター=共同) 写真提供:共同通信社

経済を止めて自殺者が出てしまっては意味がない

松井)そうですね。前の経済再生・コロナ対策担当大臣だった西村康稔さんは、優秀な後輩ですが、あの人は尾身先生に引きずられてしまった感じがします。

飯田)尾身会長に。

松井)現在の経済再生担当である山際大臣はバランスが取れていると思います。ああいう人に、感染抑制と経済のバランスを取っていただきたい。経済を止めて自殺者が出てしまったら、意味がないですから。

飯田)自殺者が出てしまったら。

松井)感染を抑制して重症化させないのはとても大事なことなのですが、感染者数だけで一喜一憂せず、大事な医療をどう守るかということだと思います。そういう意味での、お医者様の意見はきちんと尊重すべきだと思います。

経済を見る人の役割も大事

飯田)いままでの区分けから変えて、「ステージ」から「レベル」という基準の変更は、感染者の数ではなく、「病床がどこまでひっ迫するか」をメインに据えるということがありました。

松井)尾身先生はわかっていて、まず警鐘を鳴らすのが自分の役割だということでおっしゃっているのだと思います。経済とのバランスを取ることが必要です。経済を見る人の役割も大事だと思います。それがいままでの日本政府には足りなかったのかも知れません。

飯田)そうですね。

松井)他方で、韓国のように「ウィズコロナ」ということで、感染拡大してしまう危険性もよく見ておかなければいけない。松野官房長官が「ただちに行動制限を変更することは考えていない」とおっしゃいましたが、落ち着いておられていいのではないかと思います。

関連記事(外部サイト)