「弱みを強みに変えていく発想が経済を強くする!」 ニッポン放送『岸田総理大臣・谷原章介 新春対談』

2015年より恒例となっている産経新聞とニッポン放送の新春連動企画。ニッポン放送では、新年1月1日元旦に岸田文雄内閣総理大臣とフジテレビ『めざまし8』でキャスターとして活躍する谷原章介の対談を放送する。2人の共通点は広島、そして大のカープファン。先日、総理大臣官邸で行われた収録では、広島カープの話はもちろん、新型コロナウイルス対策、「新しい資本主義」、子育てについてなど、幅広い話題で対談が進行した。

ニッポン放送『岸田総理大臣・谷原章介 新春対談』1月1日(土・祝)午前10時〜午前10時50分

2人の対談は冒頭、広島カープの話題からスタートした。岸田総理は昨年(2021年)のカープの調子の悪さを嘆きつつ「こういう年があるから盛り上がる年もある」と語り、今年(2022年)以降の活躍に期待した。そして谷原氏は野球の話題に引っ掛け「総理は日本というチームの監督。目指すチーム像は?」と質問。それに対して岸田総理は「野球も監督が自分でプレイするわけではないので総理大臣も自分ひとりでは政権は動かない、いかに人の力を引き出すか?これが重要」と回答した。

対談は、「めざまし8」でキャスターを務める谷原氏らしく、岸田総理に新型コロナウイルス対策や「新しい資本主義」や子育てなど国の課題を多岐にわたって質問を投げかけた。

さらに話題は「成長と分配」に及び、注目している新しい成長の分野について問われると、岸田総理は「気候変動」「デジタル」「カーボンニュートラル」等を挙げ、それらに必要な資金をまずは政府が、そして民間も投入して官民を挙げて「弱みを強みに変えていく発想が経済を強くする」と力説した。

そして子育ての話題では、谷原氏が自身が6人の父で現在子育て中であり同じく3人の子育てをした総理に子育てのコツを聞くと「親の思う通りではないかもしれないけれど、たくましく育つから大丈夫」と実体験をアドバイスした。

ニッポン放送『岸田総理大臣・谷原章介 新春対談』は、2022年1月1日(土・祝)午前10時から放送。なお、対談の詳細は、2022年1月1日付の産経新聞の朝刊に掲載される。

■番組タイトル:ニッポン放送 『岸田総理大臣・谷原章介 新春対談』
■放送日時:1月1日(土・祝)10時〜10時50分
■出演:岸田文雄内閣総理大臣、谷原章介(「めざまし8」キャスター)
■紙面掲載:産経新聞 2022年1月1日(土・祝)付け 朝刊
※ 同番組は産経新聞との連動企画となります。

◆この番組は、radikoのタイムフリー機能で、放送1週間後まで聴くことができる。
⇒http://radiko.jp/#!/ts/LFR/20220101100000

 

関連記事(外部サイト)