小池都知事、岸田政権に3回目ワクチン接種のスピードアップを求む

小池百合子東京都知事が2022年1月6日(木)、ニッポン放送『飯田浩司の OK! Cozy up!』に出演。オミクロン株の感染者が増加する今、「東京都の現状や未来について」について熱く語った。

インタビューに答える東京都の小池百合子知事=2022年1月5日午後、東京都庁 写真提供:時事通信社

パーソナリティの飯田浩司アナウンサーが冒頭で、体調について質問すると「おかげさまでこの年末年始で充電をしっかりできました」と、昨年の過度の過労からの回復ぶりをアピールした。

さらに、2022年、これからの東京都の新型コロナ対策について問われると、オミクロン株の急激な陽性者数増加に危機感を抱きつつ、病床の数や経済の再生を確保していかなければならないと誓った。

また、新型コロナウイルス対策に臨機応変な対応を見せる岸田政権の対応を評価しつつも、 3回目のワクチン接種スピードについて、「もっと早くスタートして欲しかった」と注文を付けた。

小池百合子 東京都知事、飯田浩司アナウンサー

最後に2022 年の東京都について問われると、「資源の少ない日本では人こそが財産。一人一人が光り輝くことが必要で
ある」と語り、話 を締めた。

関連記事(外部サイト)