自民・高市早苗政調会長が考える「憲法改正」 ~国民の理解と国会の議論が車の両輪

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月26日放送)に自由民主党の高市早苗政調会長が出演。経済再生、憲法改正について述べた。

記者会見する自民党の高市早苗政調会長=2022年1月19日午後、東京・永田町の同党本部 写真提供:時事通信

コストプッシュインフレの心配

飯田)経済全体を上げて行くことが必要になって来ると思うのですが、総裁選のときもサナエノミクスを訴えていらっしゃいました。物価も少し微妙になって来ていますが、どうすれば経済を立て直して行くことができるのでしょうか?

高市)心配なのはコストプッシュインフレです。燃料価格なども上がっていますし、気候によっては農産物、食物の値段も上がってしまいます。また、トンガの噴火がありましたから、あの影響がどの程度出て来るのか。農林水産業に悪い影響を与えるのかどうかなど、いろいろなことを注意深く見て行かなければなりませんし、アメリカの金融政策の影響も多少は受けると思います。

危機管理投資というのは成長投資になる

高市)ただ、今年度の補正予算や、令和4年度の予算案を見ていても、未来に向けた投資はしっかりと入って来ているので、私は歓迎しております。特に総裁選挙のとき、「危機管理投資というのは成長投資になる」と申し上げてまいりました。

急務となる情報通信ネットワークの省電力化

高市)そのなかで、情報通信関係の電力消費が増えています。このまま行くと、2030年には現在の30倍、2050年には4000倍の電力消費になるという予測があります。これは文部科学省が所管する、国立研究開発法人の報告書を見ての話ですけれども。

飯田)2050年には4000倍にも。

高市)そうなってしまったら、どれだけ発電しても間に合いませんので、いろいろなデバイスを省電力化しておく、情報通信ネットワークを省電力化しておくという研究に、早く取り組まなければいけないということを訴えていました。そこで、経済産業省も総務省も、民間企業と力を合わせて省電力化を急速に進める方向に取り組んでいただいております。

飯田)民間企業と力を合わせて。

高市)これが成功すれば海外にも展開できますし、世界中どこでもデジタル化しているわけですから、成長投資にもなると思います。

飯田)何にでも使えるとなると、日本が根幹を握れるかも知れないということになりますよね。

高市)大事な研究だと思います。

憲法改正 ~国民の理解と国会の議論が車の両輪

飯田)そして、憲法改正について伺いたいと思いますが、いかがですか?

高市)「憲法改正推進本部」が「憲法改正“実現”本部」と名前を変えたのは、2021年12月21日なのですけれども、何とその本部長に政調会長代行をしてくださっている古屋圭司先生がなられたということで、とても期待しています。異例のことなのですが、第1回の会合に岸田総裁ご本人がお見えになり、幹事長も私も、総務会長も出席いたしました。非常に本気度が伝わったと思います。岸田総裁は国民の皆さまのご理解と国会の議論、これらが車の両輪だとおっしゃっています。

飯田)国民の理解と国会の議論が車の両輪であると。

高市)それはその通りなのです。いくら国会で発議したところで国民投票がありますから。国民の皆さまが「憲法改正は必要だ」と、「この条文について、こう変えなければいけないよ」と、ご理解いただかなければなりません。古屋本部長は、自民党の47都道府県連すべてに憲法改正実現に向けた組織を設置する、車座集会を積極的に開催するということを決められました。これはとても大きなことで、各都道府県連で担当する議員の名前まで決め打ちしていますので、彼らは必死に走り回らなければならない。なぜ憲法を改正するのか、どこをどう変えるのかを国民の皆さまにお伝えしなければならない。その担当者が決まって来ています。非常にいい空気になって来たと思います。

米製薬大手メルクが開発した新型コロナウイルス感染症用の飲み薬「モルヌピラビル」(ロイター=共同) 写真提供:共同通信社

創薬力の強化を目指す

飯田)最後に、お聞きの皆さんにメッセージなどありましたら、お願いいたします。

高市)いまは皆さん、新型コロナ感染症について心配されていると思います。重症化する方と亡くなられる方の数を極小化することが、最も大事だと私は思っております。ワクチンと治療薬をしっかりと確保する。本来ならば日本でつくらなければいけないのですが、まだ少し遅れています。創薬力の強化に関しても、来年度の予算案のなかにしっかりと入っておりますけれども、まずはワクチン、治療薬をきちんと確保して行く。

飯田)ワクチンと治療薬を。

高市)ここで政府に注意していただきたいのですが、感染しているとわかったら、手遅れにならないうちに治療薬が使えるようなシステムだけは確立して欲しいと思います。党の方からも注文を付けて行きますので、自民党政調会にご期待くださいませ。皆さん、どうかお身体を大事に過ごされますよう、お願い申し上げます。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?