国民・玉木代表「予算に賛成するのは与党である」という考え方は古い ~2022年度当初予算案

記事全文を読む

0コメント入力は10文字以上でお願いします
するとコメントを入力できます(@nifty接続サービスをご利用の方限定)