国民民主党・玉木代表、『与野党』だけの区分けは「古い」と一刀両断

国民民主党・玉木雄一郎代表が2月24日(木)のニッポン放送『新行市佳のOK! Cozy up!』に出演。衆議院本会議での2022年度予算案に野党として異例の賛成をした、その真意について語った。

国民民主党・玉木雄一郎代表

「これからも是々非々でやっていく」

2月21日、賛成票を投じた衆議院予算委員会での国民民主党の行動について、コメンテーターでジャーナリストの鈴木哲夫氏に「予算案に賛成するのは、野党ではなく、与党の行動では?」と聞かれると、一言「古い」とその考えを一刀両断。是々非々で考えるべきで、国民民主党としては、これからも「良いものはいい、悪いものはおかしい」という考えで判断していくと宣言した。

また、立憲民主党とのこれからの連携については、「選挙は大事だが、政策本位でやらないと国民は駄目だと判断する」と回答。逆に、立憲民主党については「共産党との関係をどうするのか?」と刀を返した。

関連記事(外部サイト)