積水ハウスが「第30回地球環境大賞」受賞

「産業の発展と地球環境との共生」に向けて、地球環境の保全活動などに熱心に取り組む企業や自治体、学校などを表彰する「第30回地球環境大賞」(主催:フジサンケイグループ)の受賞者が決定し、大賞には、「5本の樹」計画の植栽1709万本を使い“生物多様性保全の実効性”を評価した、積水ハウス株式会社が選ばれた。

積水ハウス 「5本の樹」の庭

大賞 積水ハウス株式会社「5本の樹」計画の植栽1709万本を使い、“生物多様性保全の実効性”を評価

同社は国内最大規模の住宅メーカーであり、住宅の庭等に年間100万本に及ぶ樹木を植栽している造園会社でもある。

積水ハウス 「5本の樹」による多様度統合指数改善効果

2001年から始めた造園緑化事業「5本の樹」計画は、一般的な造園で用いられる園芸品種 や外来樹種ではなく、地域の生き物が生息できる在来樹種を中心とした植栽事業である。小さな点である庭が集まり、街の中で連続し、里山、地域の自然へとつながる都市部の「生態系ネットワーク」を形成し、 生態系保全に貢献する取り組みである。

積水ハウス 「5本の樹」の効果

今般、琉球大学との共同で、これまでに植栽した累積1709万本(2020年までの実績)による“生物多様性保全効果の実効性”について検証した。具体的には、それらの樹種・本数・位置データと生態系に関するビッグデータを用いて、日本で初めて定量化し、マクロ(日本全体)視点で検証した。例えば、樹種数増加の生物多様性基盤への影響、鳥・蝶類の種類をどれだけ呼び込む効果があるか、などだ。「都市部の生物多様性保全活動の効果」を確認するための、有効な評価手法となった。

《第30回地球環境大賞 受賞者一覧》

【地球環境大賞】積水ハウス株式会社
〜「5本の樹」計画の植栽1709万本を使い、“生物多様性保全の実効性”を評価

【経済産業大臣賞】九州電力株式会社
〜「再生可能エネルギー」、「生物多様性の保全」など幅広い活動実績

【環境大臣賞】兼松サステック株式会社
〜間伐材を含む国産木材を用いた地盤補強工法「環境パイル工法」の推進

【文部科学大臣賞】青森県立名久井農業高等学校
〜開発途上国の持続可能な農業を支援する“環境システム科環境研究班”の取組

【国土交通大臣賞】積水化学工業株式会社
〜「サステナブルなまち」づくりプロジェクトを始動〜設計・開発・運営まで、自社でトータルに対応〜

【農林水産大臣賞】静岡市森林環境アドプト実行委員会
〜人工林を整備し、二酸化炭素の吸収機能や災害防止機能等の向上を図る

【日本経済団体連合会会長賞】東レ株式会社
〜「炭化水素系電解質膜」を開発し、グリーン水素のコスト低減に貢献

【フジサンケイグループ賞】旭化成株式会社
〜クラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi?」システムを開発

【奨励賞】イオン株式会社
〜脱炭素社会・循環型社会に寄与するライフスタイル確立へ向けて「Loop」、「グラムビューティークリサイクルプログラム」を開始

【奨励賞】東芝三菱電機産業システム株式会社
〜地球環境負荷低減とレジリエントな社会の実現へ貢献

関連記事(外部サイト)