「去年の地震よりも大きかった……」震度6強・福島県国見町

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月17日放送)にラジオ福島の深野健司アナウンサーが出演。3月16日午後11時半過ぎに宮城県と福島県で発生した最大震度6強の地震についてレポートした。

【宮城・福島で震度6強】地震の影響で屋根が崩れ落ちた民家=2022年2月17日午前、福島県国見町 写真提供:産経新聞社

宮城と福島で震度6強、マグニチュード7.4

3月16日午後11時36分ごろ、福島県沖を震源とする地震があり、宮城県と福島県で最大震度6強を観測した。気象庁によると、震源地は福島県沖で震源の深さはおよそ57キロ、地震の規模を示すマグニチュードは7.4と推定されている。

飯田)この地震で福島・宮城の沿岸部には津波注意報が出されましたが、17日午前5時の時点で解除となっています。宮城県石巻市で17日午前0時29分、20センチの津波を観測したと気象庁が発表しています。宮城県の登米市・蔵王町、福島県の国見町・相馬市・南相馬市で震度6強の揺れを観測。また岩手県、福島県、栃木県、茨城県、新潟県などの広い範囲で震度5強〜震度6弱を観測し、東京都心も震度4でした。この地震により各地で停電が発生し、東京電力管内では一時およそ208万軒、東北電力管内でもおよそ15万軒の停電が発生しました。

最大震度6強の地震でしたが、深野さんは揺れが発生したときはどちらにいましたか?

深野)私は夜の勤務で、夜10時まで生放送を担当していました。11時ごろ自宅に戻り、夕食を食べ始めたときに揺れ出したという感じです。

飯田)福島市内ということですか?

深野)福島市内ですね。

飯田)市内では6弱でしたよね?

深野)6弱でした。2回続けて地震が起きた印象です。1回目が震度5クラスで、「もう1度会社に行かなくてはいけないな」と思ったのですが、その1〜2分後にさらに大きな地震が起きました。これが11時36分です。2回続けて起きた感覚でした。

国見町のコンビニエンスストアでは陳列棚が倒れる 〜2021年2月の地震よりも大きかった

飯田)深野さんは東日本大震災のときも生放送をされていましたし、2021年の地震のときにもニッポン放送の番組でリポートしていただきました。そのときと比べて、今回の地震はいかがでしたか?

深野)いろいろな方に取材をしたのですが、東日本大震災は11年前ですので、それよりも昨年(2021年)2月の地震の方が身近ですし、揺れの強いところも昨年2月の地震と比較的似ています。福島県の県庁所在地から車で30分ほど北に行ったところに、宮城県との県境である国見町があります。そこへ取材に行ったのですが、やはり皆さん口々に「去年(2021年)2月の地震(※)よりも大きかった」と話されていました。(※編集部注:国見町で震度6強を観測した2021年2月13日の福島県沖地震)

飯田)国見町というと、今回まさに最大震度6強を観測したところですね。

深野)そこにある「道の駅」を取材しました。停電はしていなかったのですが、陳列棚自体が倒れていまして、商品が床一面に落下したという感じでした。その横にコンビニエンスストアもあるのですが、冷蔵庫の大きなジュースの棚自体が倒れ、壊れてしまっていました。ガラス扉の向こうが飲み物ではなく、倒れた棚と部屋という感じになっていました。

飯田)陳列棚は相当な重量があるはずですよね。

深野)あれを見たとき、地震が相当大きかったのだということがわかりました。

ラジオ福島の局舎 〜建物自体への影響はない

飯田)ラジオ福島自体の放送、あるいは局舎の様子はいかがでしたか?

深野)ラジオ福島の局舎自体はものが倒れ、デスクの上が散乱しましたが、建物自体の影響はそれほど大きくありませんでした。地震が起きてから17日午前7時まではすべてのCMや番組を休止し、地震速報をお伝えしていました。朝7時からは内容を大幅に変更した状態で、通常の朝番組をスタートさせています。

飯田)お聴きの方からの反応などはいかがでしたか?

深野)メールなどから情報をいただいているのですが、「これだけ地震が続くのはもう勘弁してくれ」、「2021年2月の地震よりも大きかった」と。また、「私のところは幸いにもそれほど大きな被害はなかった」というような、身の回りの情報を数多くラジオ福島に寄せていただいています。

地震の影響で割れたとみられるJR福島駅前の地面のブロック=2022年3月17日、福島市 写真提供:時事通信

地震の影響で駅舎を閉鎖しているJR福島駅

飯田)交通などのインフラ関係ですが、宮城県白石市内で新幹線が脱線しています。やはり影響は大きいですか?

深野)国見町の取材のあとにJR福島駅にも行きました。朝5時半くらいでしたが、駅のスタッフの方が駅に張り紙をしていました。何の張り紙かと思って見てみたら、「3月16日に発生した地震の影響により駅舎を閉鎖しています」という内容でした。

飯田)駅そのものを閉鎖してしまったのですね。

深野)駅のなかに入れない状態です。

飯田)しばらくは電車が動かないという状況になりますね。

深野)そうですね。虚しく電光掲示板の出発時間と行き先だけは点いていたのですが、なかには人っ子一人おらず、すべての扉が閉まっている状態です。(※編集部注:3月16日朝5時半ころの状況)

福島第二原発1号機の使用済み核燃料プールの冷却は再開

飯田)津波注意報が福島県の沿岸部にも出されました。幸いなことに、いまのところ多少の潮位の変化ぐらいだということですが、その辺りは何か情報が入っていますか?

深野)津波で皆さんが最も心配するのは、原発への影響だと思います。第二原発1号機の使用済み核燃料プールの冷却が止まったという情報が入って、私たちも「ヒヤッ」としたのですが、その後、東京電力の福島復興本社に連絡を取り、早い段階で「冷却を再開した」という情報が入りました。早めに安心できる情報を伝えられたことはよかったと思っています。

関連記事(外部サイト)