アジアで日本が最初である理由 〜ウクライナ大統領の国会演説

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月23日放送)に数量政策学者の高橋洋一が出演。3月23日の18時から行われるウクライナ大統領のオンライン国会演説について解説した。

インタビュー取材を受けるウクライナのゼレンスキー大統領=2022年3月1日、キエフ(ロイター=共同) 写真提供:共同通信社

ゼレンスキー大統領が国会で演説

衆参両院の議院運営委員会理事会は3月22日、ロシアの侵攻を受けているウクライナが要請していたゼレンスキー大統領の国会演説を、23日午後6時から実施することを正式に決めた。

飯田)演説自体は10分〜15分ではないかと言われております。

高橋)西側の結束への呼びかけが基本だと思いますけれども、話をどこまでするかはわかりません。日本についての話をするのでしたら、核の話はセンシティブですから、短い演説では難しいのではないでしょうか。同盟の話も難しいかなという気がします。日露戦争の話もどこまでしていいかわからないですね。

アジアでは日本が初めて

飯田)ヨーロッパの国々や北アメリカでは行われていましたが、アジアの国では初めてです。

高橋)アジアの国も一緒になって考えてくれということで、そのためのリーダーシップを日本に取って欲しいということだと思います。

国際会議のためにつくられた議員会館の「国際会議室」

飯田)今回、本会議場ではなく、衆院第1議員会館の会議室を使うということです。本会議場にはスクリーンがないので、ここでやるということになったようですけれど。

高橋)議員会館でやるのですよね。こういうことのために議員会館を新しくして、なかに「国際会議室」をつくったのです。できない理由を聞いたときに、「国際会議室があるではないか」とすぐに思いました。

飯田)あそこであれば通訳ブースもある。

高橋)そのためにつくったのです。オンラインがないというだけで、あそこで演説した例もあります。

飯田)結果として演説にこぎつけたのでよかったのですけれど、だいぶ紆余曲折ありました。衆議院のウェブサイトでも一般公開するということです。

関連記事(外部サイト)