メジャー開幕  いま日本からアナハイムに行く際の出入国「注意点」

航空・旅行アナリストの鳥海高太朗氏が4月8日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。海外渡航の現状について解説した。

アストロズ戦に先発登板し、力投するエンゼルスの大谷翔平投手=2022年4月7日、アメリカ・アナハイム 写真提供:時事通信社

メジャー開幕 〜アナハイムに行くにはどうすればいいのか

アメリカのメジャーリーグが日本時間4月8日に開幕した。注目はエンゼルスタジアムで行われるエンゼルスとアストロズの開幕戦。大谷翔平選手は1番指名打者兼ピッチャーで先発出場した。今シーズンから、先発投手が降板後も指名打者(DH)として出場続行が可能となる新ルール、いわゆる「大谷ルール」が適用される。

飯田)現在(日本時間8日)のアナハイムのお天気はいかがですか?

鳥海)快晴です。少し風はありますが、気温は間違いなく30度を超えていまして、外にいると熱風を浴びているような感じです。

日本を発つ前日か当日にPCR検査を受けなくてはならない

飯田)今回、日本からの出国に関してはスムーズでしたか?

鳥海)出発前の手続きがいくつかあるのですが、それさえクリアすれば、アメリカに到着したときは普通に入国審査をして、何の検査もなくすぐに行動できます。

飯田)アメリカに到着してしまえば。

鳥海)いちばん大変だったのが、PCR検査です。アメリカに行く場合、去年(2021年)の段階では、72時間前を切った段階で検査を受けて日本を出発すればよかったのですが、いまは前日か当日しか認められないということです。私は4月7日夕方の便で日本を発ったのですが、6日か7日にしか受けられないので、検査結果が4〜5時間で出るところで受けないといけないのがかなり大変でした。

必要な「ワクチン接種証明書」に注意 〜マイナンバーがなければ時間がかかる場合も

鳥海)また、ワクチン接種証明書が必ず必要になりました。これもマイナンバーを持っている人ならスマホで5分とかからずにできるのですが、持っていない方は役所に行って発行してもらわなければなりません。早いところは当日に出ますが、遅いところは2〜3週間かかることもありますので、気を付けなくてはなりません。

飯田)しかしPCR検査も、すぐに結果が出るようなものは金額もかかりますよね?

鳥海)私も羽田空港の国際線のある第3ターミナルの方で受けましたが、去年行ったときは3万9000円だったのですけれど、今年は2万円まで下がっていました。それでも高いですね。

日本からの便の乗客は40人程度

飯田)航空便は混んでいましたか?

鳥海)「ジップエア」という、去年アメリカのロサンゼルス便ができたJALグループのLCCを利用しました。片道エコノミークラスで4万円程度、ビジネスクラスでも10万円程度で行ける航空便ですが、お客さんの数は片道で40人くらいでした。

飯田)40人程度。

鳥海)ただ、ANAとJALについては、東南アジアなどから日本乗り継ぎでアメリカに行くという方が多く乗っているようです。8割くらい乗っている便もあると聞いています。

飯田)日本から乗るというわけではなく、乗り継ぎでという人が多いのですか?

鳥海)そうですね。

「1番・投手」で出場したエンゼルスの大谷翔平投手は、四回に右前打で1打点を挙げた=2022年3月31日 写真提供:産経新聞社

帰国の際の注意点 〜PCR検査は空港内の検査場で

飯田)日本への帰国の際は、どのような準備が必要ですか?

鳥海)帰りの便が出発するまでの72時間を切った段階で、現地にてPCR検査を受けなければいけません。ですから、出発前に検査の予約も済ませなければいけないですし、日本では鼻に綿棒を突っ込むという検査方式ですが、その検査方法を間違えると飛行機に乗せてもらえないことがあるので、その点にも細かく注意する必要があります。

飯田)そういう事情をわかっているお医者さんを探しておかなければならないと。

鳥海)空港内にあるPCR検査場であれば、比較的日本の様式にも対応しています。私も滞在中、飛行機には乗らないけれども、ロサンゼルス国際空港に行って、検査を受ける予定です。

予定している便が遅れた場合

飯田)72時間以内に検査を受けるということですが、悪天候や機材トラブルで便が飛ばずに1日遅れになった場合、もう1回受け直さなければならないのですか?

鳥海)特例がありまして、乗る予定だった便が遅れた場合、24時間まで延ばされます。それ以上遅れた場合は、もう1度受けなければなりません。

ワクチン接種が2回の人は帰国の際、3日間の自主待機が必要

飯田)ワクチン接種証明書は帰国の際も必要ですか?

鳥海)日本に帰国する場合、3回接種している方に関しては、空港で抗原検査を受け、陰性であればその時点で自由です。

飯田)3回接種している人は。

鳥海)2回以下の場合、アメリカは2回打たないと、そもそも入国できません。2回接種の方は自宅で3日間の自主待機となり、外に出ることはできません。回数によって帰国後の扱いも異なります。

関連記事(外部サイト)