謝罪会見に「赤いネクタイ」を締めてきた知床遊覧船社長

ニッポン放送の藤原高峰記者が4月28日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。知床観光船遭難事故を起こした運行会社「知床遊覧船」の桂田社長の記者会見の模様を現地・知床からレポートした。

【知床観光船不明】会見に臨む、知床遊覧船の桂田精一社長=2022年4月27日午後、北海道斜里町 写真提供:産経新聞社

知床観光船遭難事故、運行会社社長が「出航は結果的に間違っていた」と謝罪

北海道・知床半島沖で乗客乗員26名が乗った観光船「KAZU I(カズワン)」が遭難し、11人が死亡、15人が行方不明になった事故で、運行会社「知床遊覧船」の桂田精一社長が4月27日に記者会見を開き、土下座し謝罪した。

—–

北海道・知床半島の岩場付近で、安否不明者を捜索する自衛隊のヘリコプター=2022年4月25日午後0時32分(共同通信社ヘリから) 写真提供:共同通信社

当日、船長との打ち合わせの際に天気図を見ていたのならば、なぜその時点で出航をやめなかったのか

ジャーナリスト・鈴木哲夫)入ってきている情報を総合的に見て、私は明確に人災だと思いました。記者会見の現場でお感じになったことでいいのですが、「ここが人災として最も大きい原因だった」というポイントはどこでしょうか?

藤原)事故発生当日、午前10時に船長と社長が、天気が荒れる可能性があるということでやり取りをしたそうです。この時点で社長は天気図を見ていたということですが、そこで「きょうは出航を取りやめよう」と判断していたら、今回のような事故は起きなかったのではないかと思います。

鈴木)そこが最も大きなポイントとしてあるわけですね。

藤原)そうですね。社長は自らの経験で、これまでも今回のような風が多くあったから、きょうは大丈夫だろうと。条件付きの運航で、「このあと荒れた場合はすぐに戻ってくるように」という指示を出していたようです。

「知床遊覧船」だけが他の会社よりも早く営業をスタート

鈴木)遊覧船の営業そのものがゴールデンウィークに入ってからということだったのですが、それを破って早くから単独でやっていたという話があります。もし周りに遊覧船がたくさん出ている状況であれば、事故が起こったとしても、他の遊覧船が助けに来ることもできますが、営業開始時期を勝手に破ったということもポイントになると思います。

藤原)その件についても記者から質問がありました。以前からこの会社は暗黙の了解のような形で、他の会社よりも早く観光船の営業をやっていたそうです。しかし、最近は他の会社に合わせるようになり、「これでも遅く営業をスタートした」と言っていました。

飯田)昔はもっと早かったのだから、「1週間ぐらいのフライングはいいだろう」というような感じなのですか?

藤原)そうですね。ただ、別の会社の担当者は「合わせて欲しい」ということを、社長にはその都度言っていたようなのですが、社長が意見を聞かなかったのではないかと思われます。

シーズン終了後に翌年の契約を決める

飯田)この春先にも、社員や船員の方々が大量に辞めて、ほとんど経験のない人が操船していたのではないかとも言われています。その辺りについて、社長から何かコメントはありましたか?

藤原)これは北海道独特のルールなのかも知れませんが、4月にまず船長やスタッフとして社員契約をするそうなのです。そして営業時期が終わると、その方たちに「引き続きスタッフとして残るかどうか」ということを確認して、「引き続き残ります」という方は翌年もスタッフとして働く。「別の仕事に就きます」という方は、その時期が終わったら別の仕事に就くという形だったそうです。

飯田)なるほど。観光業だからシーズンビジネスでもあるわけですね。

藤原)そうですね。

残り15名の捜索が行われている

飯田)28日の捜索はどのようになりそうですか?

藤原)既に海上保安部の方は朝から海に出ていて、激しい風や波のなか、残り15人の行方不明者の発見救助を急いでいます。1人でも多くの方が、1日でも早く発見されて欲しいと思います。

鈴木)船体そのものもまだ見つかっていないのですよね?

藤原)まだ見つかっていません。

関連記事(外部サイト)