辛坊治郎「さすがに岸田政権は慎重」 政府「Go To」避け、「県民割」全国拡大へ

キャスターの辛坊治郎が6月15日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。コロナ禍の観光需要喚起に向け、政府が旅行割引「県民割」について対象の旅行先を全国に拡大する方針を示したことについて、持論を展開した。

岸田内閣総理大臣記者会見 2022年6月15日 総理大臣官邸 〜首相官邸HPより https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202206/15kaiken.html

岸田文雄首相は14日の記者会見で、新型コロナの感染状況が改善が確認できれば、「県民割」の対象地域を7月前半から全国に拡大する方針を明らかにした。このため、6月末までとなっている県民割の適用期間を延長することにしている。また、感染対策として旅行客が休日に集中するのを避ける方策の導入も検討しているという。その一方で、国の観光支援事業「Go To トラベル」の再開については当面、見送る方針。

辛坊)「県民割」で爆発的に感染者が増えたら、政府は手を出さずに各地方の責任に押しつけようと思っていたようですが、感染者数はそれほど増えませんでした。毎日の感染者数の推移を見ていると、下げ止まっている感じがしますよね。だから、 変異株のオミクロン株「BA.1」「BA.2」から新派生型「BA.4」「BA.5」に置き替わってくると、「BA.1」「 BA.2」に感染した人でも再感染する可能性があるということになり、一定数は感染者が出るんでしょう。

だけれども、こうした感染者数を PCR 検査であぶり出して、また大騒ぎするようなことは、政府も考えたほうがいいと思いますよ。何といっても、選挙が近いですからね。コロナ対策に関していえば、PCR検査も含めて感染防止策を厳しくすればするほど、政権の人気が上がる傾向が見られます。現状のコロナ対策でも内閣支持率が下がる気配がありません。だから、「とにかく、選挙までは現状維持だ」というふうになるんだとは思います。

「Go To」の再開は、当初の予想では「ゴールデンウイーク明け頃」なんて言われていましたが、さすがに岸田政権は慎重ですねえ。「Go To」を再開せずに、「県民割」を全国に拡大することにしました。まあ、実質的な「Go To」なんですけれどもね。「Go To」とどこが違うかというと、金額が大幅に減りました。金額的には前回の「Go To」のおおよそ半分くらいかなあ。でも、これを全国に広げるということなんです。利用するためには、基本的に陰性証明かワクチン3回以上接種の証明がいるとのことです。

自衛隊東京大規模接種会場では4回目のワクチン接種が始まった=2022年6月13日午前、東京・大手町

私のように国内で2回しか打っていない人間は、3回目を打たないと利用できないんです。私はアメリカでも打っているので、次に打つと通算4回目。ですが、国内での4回目接種じゃありませんからね。どんな副反応が起きるのか…。「リスクをどうしてくれるんだ」って話なんですよ。けれども、私はどうしても「県民割」を利用したいので、2日後の土曜日に接種の予約を入れました。だから、もしかすると20日の月曜日は副反応でお休みするかもしれません。

関連記事(外部サイト)