「アジア版NATO」は必要ない 横の連携の強化でオーダーメイドされた対応可能に

防衛省防衛研究所防衛政策研究室長の高橋杉雄氏が6月28日(火)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。北朝鮮が警戒する、アジア版NATOについて語った。

NATO軍 PD


一部メディアによると、北朝鮮外務省は26日、ウェブサイトに掲載した声明文で「アメリカは日本や韓国と合同軍事演習を露骨に行い、アジア版NATOを築こうと本格的に動いている」と主張した。

このニュースについて高橋杉雄氏は、北朝鮮が主張するアジア版NATOを否定した。「何故ないと言い切れるかと言うと、例えば日本と韓国が台湾有事が起きた場合、同じ対応はしない。南シナ海の対応も同じではない。同じとは考えにくい。比較的対応が近くなるのは対北朝鮮の場合。そこについては日米韓の一つの枠組みにはなるが、それ以外はまだコンセンサスがあるわけではない」と述べた。

高橋杉雄氏

また、「アジア太平洋地域、あるいはインド太平洋地域の問題は多様にあるので、多国間の枠組みを作ってしまうと逆に動けなくなる。特徴としては日米、米韓、米豪といった横の連携を強化する形になる。例えば南シナ海で何かがあれば米豪と日米が中心となる。東シナ海で何かがあれば日米が中心となって米豪が関わってくる。問題によって組み合わせを変えることでオーダーメイドされた対応ができる」と解説した。

さらに本家のNATO=北大西洋条約機構 と比較して、「アジアは過去30年間、そのやり方で機能している。ヨーロッパでは戦争を抑止できていない。ユーゴの内戦、ジョージア侵攻、そして今回のウクライナ。ヨーロッパの多国間のモデルは決して理想図ではない」と述べた。

ただ、北朝鮮がこのような言い方をしたことについては、日米韓の協力を嫌がっているためと分析した。

関連記事(外部サイト)