「単独親権・共同親権の考え方には、子どもの気持ちが不在」ジャーナリスト・佐々木俊尚が警鐘、更なる議論求める

ジャーナリストの佐々木俊尚氏が7月20日(水)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。親権制度の見直しについて独自の見解を述べた。

※イメージ

7月19日、離婚後の子どもの養育について検討する法制審議会の家族法制部会は、父母双方が親権を持つ「共同親権」の導入と、現行の「単独親権」の維持を併記する形で、見直し案のたたき台を示した。8月末に中間試案ができれば、パブリックコメントで国民の意見を募ることになる。たたき台は、基本的な考え方として(1)共同親権と単独親権を選択できる(2)現行の単独親権のみとする の2案を提示。さらに(1)については、共同・単独のどちらを原則とし、どちらを例外と位置付けるかで案が分かれる。

ジャーナリストの佐々木俊尚氏は、現在の父親か母親のどちらかによる単独親権について「離婚時にどっちが親権を取るかで争いが起きやすい。また単独だと片方は切り離され、子どもにとってかわいそう」といった現状を指摘した。日本では母親が親権を取る場合が多いが、養育費を払うことになる父親にとっては「子どもに会えないのに金を払うのか?という気持ちになる者も出てくることになる」とその心情について触れ、単独親権が抱える問題点を明らかにした。

一方、共同親権について佐々木氏は「単独親権で少なくなりがちな父親との交流が生まれ、父親の不満が解消されるのがメリットだが、DVやハラスメントを受けていた場合、共同親権だと元配偶者との関わりから逃れることが出来なくなる。この点は根深い問題になる」と指摘。ともすれば共同親権が根付いている欧米の手法が称揚される日本の現状に対し「親権はそう簡単なことではない。ケースバイケースになる」と厳しく言及した。続けて「問題点は、子どもの意向をどこまで尊重するかだ」とし「子どもがどう望んでいるのかをないがしろにして、議論している大人がお互いのメリットを声高に叫んでいるだけ」と子どもの目線の欠如について警鐘を鳴らした。

関連記事(外部サイト)