森永卓郎が予想「来年4月、円安は終わる」 その背景を解説

経済アナリストの森永卓郎が7月25日(月)、ニッポン放送『垣花正 あなたとハッピー!』に出演。4月から続く円安について「来年の4月に終わる」と予想した。

※イメージ

一部では金融緩和策から撤退し、日本の金利を引き上げるべきではないか、との声も上がっているが、森永は「いま金利を引き上げたら日本経済は即死状態になる」と断言した。「コロナ禍で中小企業を中心にものすごい借金を抱えている。緊急的な融資『無利子・無担保融資』は3年まで。つまり早く借りた企業で来年の5月から金利がついてくる」とし「まだ完全に景気は戻っておらず、そこで金利が上がったら、返済できる余力がない企業は潰れてしまう」と、金利引き上げによるデメリットを解説した。

また、森永は「円安は短期だと見ている」と持論を展開。「アメリカの消費者物価指数は9.1%で、目標値は2%。9%から2%まで下げるには、思い切り金融を締めなければいけない。賃金は5.1%上がっていて、物価は9.1%上がっている。つまり、アメリカの実質賃金はマイナス4%なんです。なぜこんなおかしい状況が続いているのかというと、借金してまで消費しているんです」と、現在のアメリカの経済状況を解説。

続けて「7月26日、27日に開催されるFOMC(アメリカ連邦公開市場委員会)では、アメリカの金利を決めるんですが、0.75〜1%金利が上がって3%近くになる。今後も金利が上がれば、返済額も増えるので最終的に消費がドーンと落ちて、アメリカの景気は失速する。そうすると金利を下げるので、日米の金利差は縮む。為替は本来の水準に戻っていく」と円安が終わる仕組みを解説した。

では、現在の「円安・ドル高」はいつまで続くのか? 森永は「私は円安のピークは過ぎていると思っている。原油価格も小麦の値段も下がり始めているので、放っておけば来年の4月以降は物価が下がると思います」と予想し、この話題を締めくくった。

関連記事(外部サイト)