辛坊治郎「『尾身茂会長ら専門家の有志』という点がポイント」 分科会として公式発表する場が設けられず、政府にコロナ対策の見直し迫る

キャスターの辛坊治郎が8月3日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長ら専門家有志が政府に対し、新型コロナ対策の見直しを迫ったことについて言及した。

記者会見する新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長=2022年08月02日午後、東京都千代田区 写真提供:産経新聞社

日本記者クラブで2日、政府の新型コロナ対策に助言をしてきた尾身茂会長ら専門家の有志が、医療体制についての考え方を発表した。この中で、全ての陽性者の発生届などを提出してデータを集める全数把握をやめ、入院患者や重症化が懸念される人に絞って情報を収集する新たな仕組みの構築などを打ち出した。

辛坊)このニュースのポイントは、「尾身茂会長ら専門家の有志」だという点です。こうした発表は本来、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会(尾身会長)が正式に行うべきです。でも、今回は有志なんです。なぜかというと、分科会として公式発表する場が設けられていないからです。今、感染者の全数把握が医療現場を大混乱させています。それで、尾身会長としては「第7波が終わってからでは遅すぎるから、混乱を収束させるためには、全数把握をすぐにやめるべきだ」と考え、緊急提言の形で有志による発表に踏み切ったわけです。

関連記事(外部サイト)