「今回の問題は『政治と宗教』でなく『政治と社会的に問題のある団体』と捉えるべき」田ア史郎氏が指摘

政治ジャーナリストの田ア史郎氏が8月3日、ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。安倍晋三元首相が銃撃され死亡した事件をきっかけに関心を集めている政治と宗教の関係について、「今回の問題は、政治と社会的に問題のある団体の関係として区別すべきだ」と解説した。

世界平和統一家庭連合(旧統一教会)日本本部(東京都渋谷区) 2022年7月20日  JIJI PRESS PHOTO / MORIO TAGA 写真提供:時事通信社

辛坊)一連の報道の中で、事実だとすると看過できないことがあります。ある自民党有力議員が監督官庁のトップだったときに、旧統一教会の世界平和統一家庭連合への名称変更が行われています。この名称変更に政治家が関わったとすると、それは看過していい話ではないという感覚が、私にはありますね。

田ア)この問題は国会でしっかりと取り上げたほうがいいと思います。また、政治家本人も自分が関わった部分などを明確に示すなど、もう少しきちんとした形で説明したほうがいいと思いますね。

辛坊)政治と宗教のつながりは、旧統一教会だけではないですからね。

田ア)そういう意味では、今回の問題を政治と宗教の問題で一般化してしまうのは、いささか違和感があります。むしろ、政治と社会的に問題のある団体との付き合いというくくりで捉えるべきではないかと思います。

辛坊)なるほど。

田ア)そこは気をつけたほうがいいです。

辛坊)非常に説得力があると思います。政治に影響を及ぼしている団体はいろいろ存在していて、宗教だけではないですからね。だから、今回は政治と社会的に問題のある団体との関係という視点を持つことが必要になるわけですね。

田ア)そうです。

辛坊)その整理の仕方で今回の問題がとてもクリアになりました。

関連記事(外部サイト)