保育園が補助金で1本100万円超の高級ギター3本購入「補助金の使い方全国的に点検を」辛坊治郎が警鐘

辛坊治郎が8月23日(火)、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』に出演。山形市の保育園が補助金を使って高級ギターを購入していた問題に対し「たまたまバレた。全国的に点検を」と警鐘を鳴らした。

※イメージ

山形市で認可保育園などを運営する学校法人「清風学園」が、国や県、市からの補助金を含んだ運営資金を使い、1本100万円を超える高額ギター3本を購入していたことが判明。市が22日、立ち入り調査を実施した。学園によると、購入したエリック・クラプトンの直筆サイン入りなどの高額ギターの価格は、約100万〜300万円するという。

このニュースについて辛坊は「私の感覚で言うと、高校とか中学くらいを運営している学校法人で、生徒に使わす目的だったらあり得る」「ギターってやっぱり値段で音が全然違います」と語った。
ただ、今回購入した学校法人が運営するのは保育園で、さらにエリック・クラプトンの直筆サイン入りであったことに「いらねぇだろそれ!」「ふざけるな!」と呆れた。

購入原資となった学校法人の運営資金に、年間約4億円の国や県、市などからの補助金が含まれていることに辛坊は「使い切れないような補助金なら、そもそも配るな」と指摘。「今回たまたまこうやって表に出たからバレちゃったって感じだが、バレていないケース、補助金の使い方が無茶苦茶になっているというのは全国的に点検した方がよいのでは」と警鐘を鳴らした。

関連記事(外部サイト)