国産初コロナ飲み薬「ゾコーバ」 その治験データの「疑問点」

国産初コロナ飲み薬「ゾコーバ」 その治験データの「疑問点」

ゾコーバ治験データに疑問点

数量政策学者の高橋洋一が11月23日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。緊急承認された、塩野義製薬が開発した新型コロナウイルスの日本初の国産軽症・中等症患者向け飲み薬「ゾコーバ」の治験データについて解説した。

新型コロナウイルスの飲み薬「ゾコーバ」の緊急承認を受けて記者会見する塩野義製薬の手代木功社長(左)=2022年11月24日、東京都千代田区の鉄鋼ビルディング 写真提供:産経新聞社

飯田)厚労省が塩野義製薬が開発した新型コロナウイルス治療薬「ゾコーバ」の緊急承認を了承したという話が出ました。この緊急承認制度の適用第1号だそうです。

高橋)マスコミの人はたぶん、発表文をそのまま書いているだけだと思いますが、これは審議会なので、専門分科会でどういう議論があったかということは全部公表されているのです。私はこのようなとき、いつも新聞は読まないでその審議会の資料のほうを見るのです。審議会の資料を見ますと、有効性の確認を統計的にやっていて、治験によって、偽薬を使っている場合とこの薬を使っている場合で比較してあるのです。

飯田)この場合ですと、コロナにかかった人のなかで「偽薬」を飲む人と「本物の薬」を飲む人、それを医者もわからないし患者さんもわからないかたちでやって、どのくらい差がつくのかをみるという。

高橋)少しひどいやり方なのですが、そこをみなくてはいけない。差があったらそれは有効だということなのですが、差があるかないかというのは統計分析なので、そのデータを見ました。そうすると、統計として有効性があるとの判定は、まずできないような数字の差なのですよ。「偽薬」と「本物の薬」のグラフがほとんど同じになっていて、識別できないくらいのものです。記者会見で誰かマスコミが聞いたらいいのです。「どこに効果があるのですか?」と。

飯田)「これは軽症などにも使える」そして「ウイルス量は減少した」というように新聞記事ではなっていますけれども。

高橋)その減少の、「偽薬」と「本物の薬」との違いが私にはわかりませんでした。マスコミは聞いたらいいのです。統計量は勉強しないと説明できないかもしれないですが、グラフは見たらわかりますから。効果があるものであれば、見ればだいたい違いがわかります。少し分厚い報告書になっていて、私は薬の保管などについてはよくわからないですが、統計分析のところだけはわかるのでそこだけ見るのです。そこに日本人に対する治験の結果があるのですが、「偽薬」とこの「本物の薬」の違いが全くわからないのです。グラフを示して「こういう風に出ていますけれども、大臣、どうして効果があるのですか?」という質問を、マスコミが誰かしたらいいのです。

飯田)それに対してどう答えていくのか。

高橋)どう答えるのか、あるいは「あとで答えます」というのかは、わからないですけれども。

飯田)緊急承認でこれは保険でやるという。とりあえずいまのところは新型コロナは「2類相当」ということになっているから、全部薬の代金は国が持つというかたちになっていますが、将来的にこれが変わってくると保険適用でお金を払ってということになるわけですからね。

高橋)これは結構高いのですよね。でも統計だけ見ると偽薬とほとんど効果が一緒だから偽薬をそのまま高い値段で売っているのですかという風な議論も出てきてしまう。

飯田)効くからこそ、保険適用にして、という話であると。

高橋)高いのでしょうから、マスコミの人はぜひ質問をしてくださいよ。私が見たときには「え?」というデータでしたから。

関連記事(外部サイト)

  • 35

    更に言えば 日本で薬学の最高権威(国際的に認められた) 誰でも知ってる本庶祐博士は2分ほどの動画で(ニコ動)語ってます イベは安全性には全く問題が無い これまで何十億人が服用して来てそれは周知されている そして海外の(本庶博士が手にして)論文とか報告では予防にも感染後にも効いている と語ってます ニコ動で探してみれば 但しその動画のリンクを貼ろうとすると(ここ一年ほどは)弾かれて しかも掲示板へのレスすら出来なくなってたよ 最近少し検閲が緩んだがね ツベとかググるとかもワク危険という文字列だけで弾かれてたからね 有用な情報はニコ動に(日本では)集まったのさ 海外ではRumble (ランブル)だね 大きな力で触れられる情報に著しい偏りが有ったのは間違いない事実 案外専門家の方が情報不足してるんじゃないかい イベクリって何だwと患者に怒った医者も居るらしいしね

  • 34

    ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ 語るに落ちる 当方は既に一年半定期服用を継続している 家族そして職域へと口コミで広まって 更にその延長線上 かなりの数の自主的治験実行中だよ ワクチン打っちまったばぁさん体調不良が深刻だったが抜け毛が止まって そのあと体調も徐々に回復してる アメリカのピエールコリー博士らの医師団体FLCCCプロトコルを参考にしてるよ 知らなかったのFLCCCという300人ほどの救急救命医の団体の事 上院公聴会でも証言してる医師だよw

  • 33

    アフリカのイベルメクチンが配布されている国々では、配布されていない国々と比較して、新型コロナの爆発的な感染が起きていないので、統計的に効果があるものと見られていました。 しかしイベルメクチンは、新型コロナに対し効果が無いことが、The New England Journal of Medicineの論文や、興和の治験から発表されています。 イベルメクチン本来の寄生虫の病気に対する処方のされ方は、空腹時に服用となっています。 ところが、論文の治験も、興和の治験も、処方は空腹時に服用ではありませんでした。 もし、イベルメクチン成分が空腹時ではないと吸収されないのだとしたら、意味が変わってきます。 北里大学では、感染細胞に対しては効果があったとされています。 なぜ、寄生虫の病気と同じ処方のされ方で、治験がなされなかったのでしょうか? 統計結果があるだけに、そこが大変疑問に思います。

すべてのコメントを読む