森永卓郎が解説 朝鮮戦争の終結宣言が招く“最悪のシナリオ”

2019年2月27日(水)放送の「垣花正あなたとハッピー!」経済アナリストの森永卓郎が、27日から行われる米朝両首脳会談について解説した。

およそ8ヶ月ぶりとなる2回目の米朝首脳会談が、ベトナムのハノイで行われる。北朝鮮の非核化に向けて具体的な進展が得られるかが最大の焦点となる。トランプ、そして金正恩の思惑はどこにあるのか?森永卓郎が解説した。

『今回、北朝鮮は制裁緩和についても話すと思うんですが、一番は、朝鮮戦争の終結宣言を求めてしまうのではないか、そしてトランプ大統領は、それに応じてしまうのではないか、と思ってしまいます』

朝鮮戦争を終結させることで、北朝鮮にどんな影響があるのか。

『在韓米軍の必要性がなくなるので、韓国は米軍に出ていけ、ということができる。文大統領が思い描いているのは、朝鮮戦争を終結させ、韓国と北朝鮮を統一して、核兵器をそっと持ち続けるんだと思うんです。これがどういうかというと、米軍がいない中で、核兵器を持った完全独立国家になるわけです』

また、日本にも、さまざまな影響が出てくるのでは・・・と、森永卓郎は危惧する。

『防衛ラインは全部、日本になってしまうことで、在韓米軍が日本にやってきます。また、米朝戦争が起こったときは、日本が盾になります。いまのうちに、トランプ大統領に朝鮮戦争の終結宣言を受け入れないようプッシュすべきですね』

 

垣花正 あなたとハッピー!
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 8:00-11:30

radikoのタイムフリーを聴く

関連記事(外部サイト)