ジャーナリスト山路徹 米朝首脳会談は結果的にやった意味がない

「垣花正 あなたとハッピー!」(3月1日放送)に、ジャーナリストの山路徹が出演し、米朝首脳会談について解説した。

「ロイター」「プラス」 米朝首脳会談  キーワード:ドナルド・トランプ米大統領、金正恩朝鮮労働党委員長、米朝首脳会談、拡大会合、第2回米朝首脳会談、アメリカ、北朝鮮=2019(平成31)年2月28日、ベトナム・ハノイ(ロイター=共同)

2月27日、28日に行われたアメリカのトランプ大統領と、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による2回目の首脳会談は、北朝鮮の非核化と、アメリカの見返り措置で合意に至らないまま、2日間の日程を終えてしまった。

山路は今回の米朝首脳会談について「意味不明会談」とし、「結果的にやった意味がなかった」と酷評した。その理由として、実務者協議が数回行われているにも関わらず、まったく合意せずに首脳会談を終えてしまったことをあげ、その背景に、アメリカの公聴会で話題になっているトランプ大統領の不祥事の影響があるのではと分析した。

現在、トランプ大統領の個人弁護士だったマイケル・コーエン被告がトランプ大統領の不倫問題で、違法な口止め料を支払った後、補填を受けたと証言下院監視・政府改革委員会で証言に臨んでいる。アメリカ国内では米朝首脳会談よりもトランプ大統領の不祥事の方が話題になっており、トランプ大統領は大きな打撃を受けた。そのため、トランプ大統領は今後の大統領選挙に利用するために、今回は合意しなかったのではないかと分析した。

トランプ大統領は「なんでこのタイミングなんだ」という趣旨を発言しており、山路は「もしかしたら公聴会を人質にとってトランプ大統領に北朝鮮と安易な合意をさせなかったのではないか」と分析した。山路は北朝鮮が所有していた核兵器について「生産は終了したけど、作ったものは未だに保有しているのではないか」と懸念を示し、これまでの保有リストを作成して調査すべきと指摘。

最後に山路は、今後の日本の立場について「日本としては千載一遇のチャンス」とした上で、トランプ大統領が拉致問題を議題にあげたことについて評価。「拉致問題に触れてくれたことはこれまでになかった」とし、「トランプ大統領が議題にあげたということは、北朝鮮も日本と向き合っていかなければならなくなる」とし、拉致問題解決に向けての可能性を示唆し、この話題を締めくくった。

 

垣花正 あなたとハッピー!
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 8:00-11:30

 

radikoのタイムフリーを聴く

関連記事(外部サイト)