森永卓郎 新元号「令和」の経済効果は150億円

「垣花正あなたとハッピー!」(4月3日放送)で、経済アナリストの森永卓郎が、新元号「令和」への改元に伴う経済効果について解説した。

【新元号発表】新宿のアルタビジョン(ALTA VISION)では新元号発表会見の中継が流され、発表の瞬間を多くの人が見守っていた=1日、東京都新宿区 撮影日2019年04月01日 提供産経新聞

新元号「令和」への改元に伴う経済効果について、経済効果の算出で知られる関西大学の宮本名誉教授が「プラスになると思うが、影響のある範囲が広すぎて、今の段階では算出が難しい」と述べた。経済アナリストの森永卓郎さんは、どのように考えるのか。

森永「この宮本教授は、これまでありとあらゆる事象の経済効果を試算してきました。今回のように、算出できないというのは、珍しいです。宮本教授はマジメなので、ざっくりやる、というのができないんですね。私は速攻、3秒で算出できます」

そんな“3秒”で算出した「令和」への改元に伴う経済効果はいくらなのか。

森永「すっごく大きい経済効果が出ていないんですよ。ほとんどないです。というのも、新元号の令和は著作権がないんです。なので、使ってもお金が発生しない。この構造、実はくまモンと同じ。くまモンも著作権がないので、県庁に許可さえもらえれば使うことができる。日本中、くまモングッズです。くまモンはグッズの売り上げなどで1500億円稼いでいます。令和は、くまモンのようにキャラクターがいないので、その分を差し引いて、くまモンの10分の1くらいと考えると、令和の経済効果は150億円くらいかな、と考えています」

 

垣花正 あなたとハッピー!
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 8:00-11:30

関連記事(外部サイト)