森永卓郎 「令和」は人材不足ではなく人手が余る時代に!

経済アナリストの森永卓郎が、ニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」(5月1日放送)に出演。『新時代!「令和」の経済はどうなる?』と題して、令和の経済について語った。


令和は成長のエンジン役として人工知能や自動運転といった新しい技術の開発に期待が集まる一方で、急速な人口の減少や、借金が膨らむ国の財政が大きな課題になると言われている。令和の経済について、経済アナリストの森永卓郎に話を聞いた。

森永「今から20年後、生産年齢人口が2割ほど減ると言われています。ですが、20年後には、シンギュラリティといって、人工知能が人間の脳を超える時代がやってくるわけですよ。その時代になると、ロボットがいまの仕事の半分をやる、というデータもあります。つまり、労働力が半分いらなくなるわけです。一方、人口が減るわけです。で、人口は2割減るから、むしろ人手は余るんですよ」

さらに森永は、いまから20年後、国民の生活がガラリと変わると予測した。

森永「いまは、都心で、狭い部屋を借りて、できるだけモノを少なくする暮らしが主流ですが、20年後くらいになると、真逆のことが起こるんです。山の中に住んでいても、自動運転で、高齢者でも移動できるし、モノも自動運転で運んでくれるので、田舎でなんの問題もないわけです。ですから、(未来は)大きな家に住んで、モノにたくさん囲まれて、農業をする生活が、これからの時代のトレンドです」

 

垣花正 あなたとハッピー!
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 8:00-11:30

関連記事(外部サイト)