かんぽ生命の不適切な契約〜中途半端な民営化によるツケ

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(7月31日放送)にジャーナリストで東海大学教授の末延吉正が出演。かんぽ生命保険で不適切な保険契約が多数発覚したことを受けて、郵政民営化以降の郵政事業について解説した。

保険の不適切販売問題を受け再発防止策を説明するかんぽ生命保険の植平光彦社長(右)と日本郵便の横山邦男社長=2019年7月10日、東京都千代田区 写真提供:時事通信

インフラとしての郵政事業を見直すべき

かんぽ生命保険で不適切な保険契約が多数見つかった問題で、契約者の不利益となった疑いのある契約がおよそ18万件にのぼることがわかった。すでに判明していた9万3千件から倍増したことになる。日本郵政グループは31日、記者会見を行って今後の対応や再発防止策を発表する。

飯田)「古い契約だからこっちの方がいいですよ」などと言って乗り換えさせて、その手数料を取る。これは証券の世界で規制もされていたのですが、今回はかんぽ生命から相当いろいろと出て来ています。

末延)それこそマックス・ウェーバーではないけれど、資本主義は倫理観、モラルですよね。民営化したけれど民主党政権のときに揺り戻しのような形になって、組織の意識改革も含めて、完全な民間にはなりきれなかったところがあります。特に体制や意識改革の面です。民営化したことによって、経営陣は目の前の成績に焦ります。ノルマが出て来るのに体質は変わらない。今回の問題は、お年寄りを相手にした詐欺まがいのものです。大体、保険はよく分からないではないですか。

飯田)契約書に細かく書いてあって、全部は読めないですよね。

末延)日本人が人間性善説で甘いと言えば甘いのですが、でもお互いが、そんなにひどいことはしないだろうという前提で成り立っている。それを逆手にとって、ノルマを果たすため、成績を上げるためにと言って、これだけの数が発覚したということは、組織的に分かっていてやったことです。秋に金融庁が中間報告を受けて検査に入ると思いますが、信頼を失ってしまったので、トップも変わらざるを得ないでしょう。

飯田)社長が最初に、不適切な契約はさほどないと言っていましたが、その後で調べてみたら9万件あった。そして今回、倍増で18万件。どれだけ出て来るのだということになってしまいます。

末延)日本人の謝り方で最も嫌われる、信用されないパターンですよね。僕も記者会見を見ていて、これはダメな組織だと思いました。現場で頑張って働いている関係の方には申し訳ないけれど、組織としてどこかズレている。上層部はこのことを真剣に受け止めてもらわないと。全国津々浦々、みんな信頼しているのですよ。

飯田)身近な存在として、家にも来て相談に乗ってくれてと。

末延)だからそこを考えると、反省してもしすぎることはない。次にどうするか、中途半端な形ではなく、がらりと変えるくらいの気持ちでやってもらわないと、これはかなりマズいですよね。

飯田)ラジオをやっていますと、配送業など現場で働いている方が聞きながらメールをくださったり、ツイッターをくださったりします。文面を拝見していると、現場のことを上はまったく分かっていなくて、とにかくノルマを押し付けて来るのだと言います。500人いる支社も、町の郵便局も同じノルマを押し付けて来る。こっちはやってられないですよ、というメールも来ます。

2007年10月1日、日本郵政グループ発足式(日本郵政-Wikipedia)

様々な経緯で中途半端な形で残ってしまった

末延)民営化する前の国鉄もそうでした。トップのエリートは成績、成績と言うし、下の方は組合の論理になる。組織のなかが上下で分離して乖離したまま、数字だけ出そうとする。これは最悪の組織形態です。民営化するときに、もう1歩も2歩も踏み込んでやるべきでした。元をただせば、当時の小泉首相はゆうちょのお金をバックに力を持っていた田中派・竹下派を倒す、あるいは自民党をぶっ壊すための郵政民営化だったのです。実は政治的政局的なイシュー、目的があったのです。そのあとどうするかは、竹中平蔵さんたちが一生懸命に制度設計をしたけれど、魂が入っていないまま。さらに言うと、民主党政権のときに亀井さんが担当だったのですが、全然別の哲学の持ち主が担当だったので、元の形に揺り戻されてしまいました。その結果、中途半端なモンスターみたいな形で残ってしまった。非常にもったいない。うまくやれば使えるネットワークなのに、惜しいと思います。

飯田)これだけ全国に網の目のように広がっているインフラは、そうないですものね。

末延)明治以来、近代化の過程で日本人の英知が営々と築いて来た、その良さをどう生かすか。民営化なのか、公的なものなのかというところで意見が分かれたまま、中途半端な形の民間会社になった。このツケが来ているような感じがします。

飯田)見直すいい機会なのかもしれないですね。

末延)みんな「老後が不安だ」と言っているときに、これはまずいですよね。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

関連記事(外部サイト)