内閣改造から分かる安倍総理4選の有無

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(9月11日放送)に数量政策学者の高橋洋一が出演。内閣改造人事とその後について解説した。

政府与党連絡会議で発言する安倍晋三首相(手前)=2019年9月2日午後、首相官邸 写真提供:産経新聞社

きょう11日内閣改造と自民党役員人事を実施

安倍総理大臣は11日、内閣改造と自民党の役員人事を実施する。安定と挑戦の強力な布陣を掲げて、今回の内閣改造では19の閣僚のうち17人が交代するという大規模な改造になるとみられている。

飯田)全部出てしまいましたね。

高橋)「安定」と言うけれど、安定なのは菅さんと麻生さんだけでしょう。あとは全部入れ替えです。自民党の方は二階さんと岸田さんがそのままなので、その意味では安定なのでしょう。

飯田)選挙対策委員長に下村博文さん、総務会長は鈴木俊一さんが就任する予定となっております。小泉進次郎さんがやたらと注目されていますけれど、高橋さんから見て、どこに注目したらいいですか?

ペンス副大統領との会談などのため米国へ出発する菅義偉官房長官(中央)=2019年5月9日午前、成田空港 写真提供:時事通信

菅氏と岸田氏に絞られて来た次の総理候補

高橋)まず全体を見ると、次の総理が絞られて来たなと思います。次の総理は、はっきり言えば岸田さんと菅さんです。安倍さんは最後までこの2人に競わせるでしょう。この間の選挙では菅さんが勝ってしまったので、安倍さんはいま岸田さんを推して、バランスを取っていますね。

飯田)ここで菅さんが抜け出たままにはさせないと。

高橋)決まってしまうといけないので、どちらかにしておいて、最後は安倍さんが決めるのではないでしょうか。菅さんの方が存在感が出てしまっているけれど、岸田さんの方には憲法をやらせて、名をあげさせることを狙っているのではないでしょうかね。

飯田)なるほど、憲法も政調主体でやって行くと。

2017年10月(60歳)(岸田文雄-Wikipediaより)

二代後の総理大臣も予想できる

高橋)次の次も見えます。次の次は河野さん。

飯田)外務大臣から防衛大臣へ横滑りしました。

高橋)それから今回、外務大臣になる茂木さん。あとは厚生労働大臣になる加藤勝信さん。次の次はこの3人のうちの誰かでしょう。

飯田)厚生労働大臣には年金があるし、外務、防衛にはこれから先の東アジアが混沌とするなかでどうなるか。

高橋)安倍さんらしく、社会保障と外交に人員配置をして競わせているという感じですよね。

参院決算委員会で答弁を行う麻生太郎副総理兼財務相=2019年6月10日午後、国会・参院第1委員会室 写真提供:産経新聞社

執政しやすい人事に

飯田)お友達が多いではないか、というようなことが言われますが。

高橋)仕事をするときにやりにくかったら、仕方がないではないですか。「似たような考えの人を起用する」と言えば何も言えませんよ。お友達と言う人は批判したくて言うのでしょうが、気持ちよく仕事をするのならば、考え方の似ている人と仕事するに決まっています。

飯田)お友達ではない人を入れて、例えばいろいろな意見が出ると「閣内不一致」と言って、また批判するわけですね。

高橋)安倍さんは残りもう少しなので、最後はやりたいようにやるのでしょう。自由にやらせてくれということで全部入れ替えて、麻生さんと菅さんは代えられないから残したのだと思います。あとは、すっきりさせたのではないですか。

【経済産業省会見】会見する世耕弘成経産相=2019年8月2日午前、東京都千代田区 写真提供:産経新聞社

安倍総理大臣の4選はあるのか

飯田)この顔ぶれで4選を狙っているのか、それとも3選で終わるのかと捉える人もいますが。

高橋)狙っていないでしょう。だから岸田さんと菅さんにした。そのあとで自分がまたやるかもしれませんね。1回クッションをおいていれば4選ではないから、やろうと思えばできますよ。プーチン方式です。

飯田)プーチン方式。

高橋)プーチンさんだって、2回大統領をやったあとでメドベージェフ氏を入れて、また2回やったのだから。1回挟めばいい。安倍さんにどこまで気力があるかですが、たぶんそんな気力はないと思います。長くやっているから、へとへとでしょう。憲法改正で息がどれだけ続くのかというレベルではないでしょうかね。

飯田)憲法改正にもって行くためには、閣僚というより党の方で、それを岸田さんでやると。

高橋)世耕さんが参議院の幹事長ですよね。

飯田)経済産業大臣から。

高橋)参議院が憲法発議のためには重要です。衆議院は3分の2で大丈夫ですからね。参議院の場合は3分の2に4人足りないから、調整が重要でしょう。4人集めて来たり、上手く仲を取り持ったりすることを世耕さんがやるのではないでしょうか。

飯田)参院の方は細田派から世耕さんともう1人が入って、竹下派と3派体制だと言われていますが、ここで何とかなるのか……。

高橋)それはわかりませんが、臨時国会以降の参議院がどうなるのかが注目ですよね。

党首会談に臨む国民民主党・玉木雄一郎代表(左)と立憲民主党・枝野幸男代表=2019年8月15日午後、国会内 写真提供:産経新聞社

憲法改正の行方〜議論する気もない野党

飯田)一方で、野党側は国民と立憲が統一会派というところで、そこに「社会保障を立て直す国民会議」の人たちも一緒に入るということですが、参院の方は国民民主で異論があるそうですね。

高橋)国民民主党の玉木代表は私の後輩なのですが、ある番組で「憲法改正の議論をしろよ」と言ったら「生まれ変わったつもりでやります」と言ったのに、6時間後に撤回しましたね。情けない。議論ぐらいしろよ、という話です。国会なのだから、意見が違うのは知っているわけですよ。

飯田)結論は議論した上にあります。

高橋)でも議論したくないと言うなら、話にならないでしょう。情けない。国会議員は議論してなんぼの世界だと、私は思いますけれどね。

飯田)その辺がどうなって行くか。それこそ参院で、国民民主の人たちは立民に対抗馬を立てられて怒っている人とか。

高橋)いますよね。離党している人などもいます。4人は集まると私は思います。

飯田)そうすると、発議に行けるかもしれません。

高橋)それは来年(2020年)の通常国会ですけれどね。秋の臨時国会は、補正予算をきちんと作ってくれればいいです。

飯田)消費増税の対策も含めて。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

関連記事(外部サイト)