ウクライナ疑惑〜民主党バイデン前副大統領にとっても厳しい状況に

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(9月30日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。トランプ大統領のウクライナ疑惑について解説した。

2016年2月のキャンペーンイベント。左から、イヴァンカの夫ジャレッド、長女イヴァンカ、トランプ、妻メラニア、エリックの妻ララ、次男エリック(ドナルド・トランプ-Wikipediaより)

ウクライナ疑惑〜トランプ氏の弾劾調査開始

アメリカのトランプ大統領がウクライナのゼレンスキー大統領との電話会談で、政敵、民主党のバイデン前副大統領に関する調査に協力するよう圧力をかけていた疑惑をめぐり、アメリカ議会下院は弾劾に向けた調査を本格的に開始した。3つの委員会はポンペオ国務長官に召喚状を出し、ウクライナ大使ら5人に議会で聞き取り調査を行う。

飯田)ウクライナ政策に関与するケント国務次官補代理や、元駐ウクライナ大使、EU担当大使ら5人に対して証言を求めているということです。わかりづらい事件ですが、バイデン前副大統領の息子さんの、ウクライナでのビジネスをめぐっての調査というところだったのですよね?

須田)さまざまな便宜をウクライナサイドから図られていた問題があるということですが、アメリカの場合、下院は民主党が過半数を握っていますから、どちらかと言うとこれまで民主党の上層部は、この弾劾について消極的でした。ただ、このウクライナ問題によって、バイデン前副大統領をめぐる一件が出て来たので、弾劾に舵を切ったという状況です。

一期目の副大統領就任宣誓(ジョー・バイデン-Wikipediaより)

バイデン前副大統領にとっても厳しい状況

須田)もう1つ言えば、いま民主党でトップを走っているバイデン前副大統領は、相当厳しい状況になると思います。トランプ大統領のした行為は、大統領の就任戦線に抵触するような大きな問題でもあるけれど、バイデン前副大統領にとってもブーメランのように返って来る話です。大統領選挙は相当混迷するのではないでしょうか。

飯田)バイデンさんの息子さんがやっていた会社には、中国からのお金も入っているかどうかという話など、虚々実々、いろいろなことがアメリカでは報道されているようです。

須田)もともと、息子が札付きなのですよ。

飯田)そうなのですか。

須田)この疑惑が出る前から、いろいろ問題を抱えていて、バイデン前副大統領が出馬するにあたり、息子の問題は大丈夫なのかということも言われていました。

飯田)そっちはそっちである。ただ、電話をかけて捜査してくれとまで、文言を見ると実際にはそこまで言っていないという話もありますが、トランプさんも法律には引っかかる可能性があるということですか?

須田)そうですね。大統領の権限を用いて、圧力をかけたことになってしまう。そこが大きなポイントかなと思います。

飯田)こうなって来ると、立場が違えば報道の仕方も全然違うことになりますよね。

エリザベス・ウォーレン-Wikipediaより

史上まれにみるスキャンダラスな大統領選挙になる可能性

須田)史上まれにみるスキャンダラスな大統領選挙ということで、グズグズな状態で突入する可能性が高いですよね。

飯田)それでも民主党は、バイデンさんで行く感じなのですか? ウォーレンさんという女性の支持も伸びているような話がありますが。

須田)この件を受けて、迷走しています。このようなスキャンダラスなことで、大統領候補を降ろしていいのかという問題もありますから、悩ましいところです。私はこの問題に関して言えば、「トランプさんは余計なことをやったな」というくらいのことだという感じもします。

飯田)グレーではあるけれど黒ではないということで、降ろすのはどうかという議論もあるわけですよね。日本としても、誰がカウンターパートになるのか、重要なポイントになります。

須田)いちばん大きい問題ですからね。でも、民主党はちょっと難しいでしょうね。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

関連記事(外部サイト)