関電金品授受問題〜それでも辞めない会長・社長のあきれた言い分

ニッポン放送「ザ・フォーカス」(10月3日放送)に産経新聞論説委員・フジサンケイビジネスアイ編集長の山本秀也が出演。関西電力の金品授受問題について解説した。

関電、工事関係者からも金品授受〜与野党ともに追及の構え

関西電力の役員ら20人が、原子力発電所がある福井県高浜町の元助役から金品を受け取っていた問題。役員ら20人のうち3人は、原発関連工事などを受注していた高浜町の業者などからも合わせて390万円相当の金品を直接受け取っていたことがわかった。

森田耕次解説委員)原発のある福井県高浜町の元助役の森山栄治さんを通さずに、お金が流れていた可能性もあるということです。関西電力によると、大塚茂樹常務執行役員が現金100万円と商品券40万円分、豊松秀己元副社長が4着分のスーツ仕立て券200万円相当、鈴木聡常務執行役員が1着分のスーツ仕立て券50万円相当を受け取っていた。この3人に提供していたのは、高浜町の建設会社「吉田開発」など2社ということですが、別の1社について関西電力は、「第三者的な立場にいる」という理由で明らかにしていません。さらに金品を受け取っていたことが新たにわかって来ましたが、2日の記者会見をご覧になって、山本さんはどう思いましたか?

山本)4時間の会見全部は見ていませんが、驚いたというか、不謹慎ですが笑ってしまいました。菓子折りの下に金貨、それも小判だったのは何かの冗談かと思いました。

森田)岩根社長の社長就任祝いということで、金貨10枚がお菓子の下に入っていたということでした。

山本)ただ、笑ってもいられない問題です。これは原子力発電所という重要なインフラに関わる問題で、こういう不透明なお金が長年にわたって流れていたと。しかも、やり取りの仕方が非常に前時代的で、いまの世の中のものとはとても思えません。これを機に襟を正していただきたい。関西電力の会見を見て、納得した方がいるのか疑問です。

森田)ほとんどいないのではないでしょうか。

山本)調査ははっきり言って中途半端ですし、責任についてどうお考えなのかという疑問もあります。

関西電力の役員らが高浜町元助役から金品受領していた問題を受け、八木誠会長と岩根茂樹社長が会見=2019年10月2日午後、大阪市福島区の堂島リバーフォーラム 写真提供:産経新聞社

当事者側と世間との温度差〜松井大阪市長は株主代表訴訟も検討

森田)2日の会見では、岩根社長と八木会長2人は関西経済連合会や、電気事業連合会の役職を継続したいと希望していました。もちろん会長・社長も辞任しないのですが、これに絡んできょう(3日)、関西経済連合会会長の松本正義さんは次のように話しています。

 

松本正義会長)関係者に疑義を持たれるようなことはしてはいけないと思います。第三者の公平で中正、客観的な報告を待たざるを得ないと思っています。

 

森田)まずは第三者委員会を設置したので、その調査結果を見ようということです。

山本)ですが、それだけでいいのでしょうか。大阪市などの地元関西、何より電力10社の意向はどうなのかという話になって来ますから、この話は当分続きそうですね。

森田)筆頭株主である大阪市の松井市長は、「関わった役員20人は今後の経営に関わるべきではない」と言っていますし、株主代表訴訟も検討するそうです。

山本)当然そうなりますよね。世の中の温度と、当事者が感じている温度には大きな差があるのではないでしょうか。

森田)確かに、森山さんという人の力は強かったのでしょうけれど。

山本)地元の事情ということも背景にあって、この方で地元を押さえておかなければならないという思いがあり、こういうことになったのでしょうけれどね。

関西電力経営幹部らが福井県高浜町の元助役から資金を受け取っていた問題で、同社が会見。会見に臨む岩根茂樹社長ら=2019年9月27日 写真提供:産経新聞社

原発関連インフラは多岐にわたる〜さまざまな方面への調査が必要

森田)第三者委員会を設置しましたので、原発以外のすべての部門で、同じようなことがあったのかどうかも調べているようです。ただ、原発だけなのか、というところもあります。

山本)原発というインフラに関わって来る事業は多岐にわたりますから、そこを全部見なければいけないでしょう。

森田)年内には調査結果を検証する報告書を取りまとめるということですが、それまで経営者たちはこのままでいいのか、という問題もあります。

山本)世間の温度に関わると思います。

金銭感覚にも世間との温度差

森田)メールも来ているようです。板橋区の“アツオ”さんからいただきました。「スーツが1着50万円? そんな高価なスーツを見たことはないですよ。庶民感覚がないですね」と来ています。

山本)庶民感覚からかなり離れた話ですね。

森田)八木会長は2日に、「値段がよくわからず、儀礼の範囲内だと思ってスーツの仕立て券を使った。税務調査で高価と判明したので、儀礼を超えていると判断した。今後、相当分の費用は返却したい」と言っていました。スーツはみんな仕立ててしまっているので、ほとんど返却できないのですよ。

山本)古着を返されても困りますよね。

森田)それと、横浜市の“いっちゃん”さんから。関電のニュースについて、「この時代に金貨を渡したりしていることに驚きました。関西電力に限らず、他の電力会社でもこうしたことが横行しているのでしょうか」ということです。

山本)ないと信じたいですけれどね。発電は国の基幹インフラで、その運営に関わる方々ですから、襟を正していただきたいです。

ザ・フォーカス
FM93AM1242ニッポン放送 月-木 18:00-20:20

関連記事(外部サイト)