臨時国会召集〜本音の議論を導く「秘密会」の必要性

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(10月4日放送)に外交評論家・キヤノングローバル戦略研究所研究主幹の宮家邦彦が出演。10月4日召集の臨時国会について解説した。

臨時国会、10月4日召集

第200臨時国会が4日に召集。9月11日発足の第4次安倍再改造内閣が臨む初の国会で、憲法改正議論の進展の他、関西電力の役員らの金品授受問題、消費税率10%への引き上げへの対応などが論戦の焦点となりそうだ。

飯田)招集日の4日は、陛下御臨席の下で開会式が行われ、総理の所信表明演説が行われます。これに対して週が明けた7日〜9日は、各党が衆参両院で代表質問を行う。ただ、この間にも外交予定や皇室行事があります。

1946年(昭和21年)10月29日、「修正帝国憲法改正案」を全会一致で可決した枢密院本会議の模様(日本国憲法-Wikipediaより)

動き始める憲法審査会

宮家)色々な行事で事実上の休会になることが多いということで、提出法案も15本と相当絞っています。私の関心は、日米の貿易調停ができるということですが、いちばん大事なのは大いに議論をすることだと思います。憲法審査会が動き始めるのですよね。新聞を読んでいたら各党代表の顔ぶれが出ていましたが、相当な論客ばかりです。よく揃えたな、というくらい。リストに載る人だけが論客という訳ではないのですが、この人たちに本気で、平場で議論をしてもらえたらいいですね。本当は密室ではなくて、パブリックにいろいろな議論をして国民にアイデアを提示してもらいたい。憲法をどうするのか、考えなくてはいけない時期に来ています。こんなに長い間、1度も改正がない憲法なんて世界に例がありません。

飯田)世界最古の憲法と言う人もいます。

宮家)そうですね。憲法を時代や状況に応じて変えて行くのも民主主義ですから、これを変えないのが民主主義だと思うのは間違っています。

飯田)周りの情勢なども含めて、特に憲法9条の改正議論の話になるのですけれども、今回は閣僚経験者も多いし、安全保障を専門にやって来た人もいます。

【第4次安倍再改造内閣】記念撮影に臨む新閣僚ら 前列左から、赤羽一嘉国国土交通相、茂木敏充外務相、安倍晋三首相、麻生太郎副総理、財務・金融相、高市早苗総務相 2段目左から、 田中和徳復興相、衛藤晟一1億総活躍・沖縄北方相、橋本聖子五輪・女性活躍担当相、河野太郎防衛相、竹本直一IT・ 科学技術相 3段目左から、江藤拓農林水産相、河井克行法務相、菅義偉官房・拉致問題相、 加藤勝信厚労相、北村誠吾地方創生相 4段目左から、小泉進次郎環境相、武田良太国家公安委員長、菅原一秀 経済産業相、西村康稔経済財政・社会保障改革相、 萩生田光一文部科学相 5段目左から、近藤正春法制局長官、岡田直樹官房副長官、西村明宏官房副長官、杉田和博官房副長官=2019年9月11日午後、首相官邸 写真提供:産経新聞社

秘密会を開く必要性

宮家)問題はその人たちが本当に平場で、テレビの前でも本音の議論ができたらいいのですが、それをやると大変なことになってしまうから、なかなか国会では本音の議論をしないのですよね。アメリカでもイギリスでも、大変なことになってしまう議論というのは、秘密の問題があればあり得るわけで、だから秘密会を開くのです。秘密会は別に悪いものではなくて、どこの憲法にも書いてありますから。日本の憲法にも、「秘密会を開くには」と書いてあるはずです。開けばいいのですけれど、ほとんど開かれていないのではないですかね。いろいろな形で議論して、そのなかから外に出せるいい内容を出しながら、国会で議論をしてもらわないと。いまは法律を通すために、揚げ足を取られないように一生懸命、無味乾燥な国会審議をやるわけです。そうすると野党の方はつまらないから、どんどん重箱の隅をつつく。そうすると本質とは関係ない議論になり、「本質は何なのか」というところが抜けてしまうケースも昔はありました。役人をやっていていちばん辛かったのは、国会答弁の作成作業ですよ。

飯田)これは、残業をして。

宮家)残業なんてものではない、夜が明けるのですから。働き方改革という言葉があるなら、まず国会を改革してくださいと言いたい。役人に考える時間、寝る時間をくださいと。それだけでずいぶん違うと思いますけれどね。そのためには形式的な時間の消化ではなくて、限られた時間でもいい内容の議論ができれば、役人が何十ページも国会答弁の案を作る必要もないわけです。そういう時代が来て欲しいと思います。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

関連記事(外部サイト)