千葉で記録的大雨〜茂原市の厳しい現場からの報告

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(10月28日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。台風21号や低気圧による大雨の被害状況について、被災した千葉県茂原市からの中継を交えて解説した。

【千葉で冠水】千葉県茂原市内で冠水した道路。中央の建物が茂原市役所=2019年10月25日夜、千葉県茂原市 写真提供:産経新聞社

週末の大雨で死者10人、行方不明2人に

台風21号や低気圧による大雨で、死者は千葉県と福島県で10人、行方不明者が2人となり、両県警が捜索を続けている。千葉県では半日で1ヵ月分の雨が降り、19の河川で越水するなど氾濫が相次ぎ、週末は各地で後片付けに追われていた。

飯田)被災した千葉県の方々は、いま現在どういう様子なのか、住民の方は週末をどう過ごしたのか取材して来ました。ニッポン放送の前島花音アナウンサーが現地におります。

前島)私はいま、茂原市役所のすぐ目の前にいます。こちらの市役所も氾濫した豊田川のすぐ目の前にありまして、浸水被害を受けたということですが、いまは通常通り業務が行われています。その川の反対側にある昌平町商店街では、浸水した家財道具が川沿いにずらっと並んでいるような状況です。住民の方にお話を伺ったのですが、自分たちが想像できないような高さまで水が来てしまっていたとおっしゃっていました。豊田川は通常の水位から20段ほどある階段を越して、154センチの私の胸元まで水が上がるほどの水位だったということです。

飯田)今回の豪雨について、きょう(28日)の新聞各紙でも報じられていますが、半数以上の方が車のなかで亡くなられていたということです。避難状況を聞くことはできたのでしょうか?

前島)27日に市役所の方にお話を伺いましたが、この商店街以外の方でも、豊田川の近くの方で避難されている方が74名ほどいらっしゃるということでした。ほとんどの方は25日、雨がやんで水位が下がったときに自宅に戻られて、25日の夜から26日にかけて、浸水被害にあった家具を出すなどの作業に移られたという話でした。

飯田)では、今度は出した家財道具や、泥にまみれてしまったものをどうするかというところですよね。

前島)そうですね。いま市役所から徒歩3分ほどにある、茂原公園の駐車場が仮の被災ごみ置き場になっていたのですが、昨日(27日)の午後3時ごろには既に3メートルほどの山になっていました。畳も60畳以上が積まれていて、駐車場がいっぱいになってしまう懸念が出ており、28日からは市役所の駐車場も仮の置き場として開放するということでした。

飯田)なるほど。こちらには、ジャーナリストの須田慎一郎さんもいらっしゃいます。

須田)被災された方は、現在どのような生活を送られているのでしょうか? 不足しているものなどはないでしょうか?

前島)飲食店、パン屋さんの方もいらっしゃったのですが、材料がすべてダメになってしまったのに加えて、流れて来た泥に混じった大腸菌などから病気が広がってしまう懸念もあるので、自分たちで消毒作業を行っているそうです。市役所の方でも回って消毒を行っているとのことですが、回り切れていないところもあるので、自分でできるところはやるけれども、やはり不安はあるということでした

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

関連記事(外部サイト)